山梨県南アルプス市 北岳~間ノ岳(あいのだけ 3,189m)
                                                                トップページ
 
山頂の位置 参考にしたガドブック等 日帰り等温泉
マピオンの地図 山と高原地図 33 日本アルプス総図    日本百名山 下  北岳・間ノ岳 白峰会館 700円
 
2013.09.08・09 (日・月) 雨・晴れ 単独   


拡大写真
歩行時間   行動時間 
1日目 6時間30分
駐車場⇒(バス50)⇒広河原⇒(2:10)⇒白根御池山荘⇒(2:10)⇒肩の小屋⇒(40)⇒北岳⇒(1:30)⇒北岳山荘
 
2日目 5時間20分
北岳山荘⇒(1:20)⇒間ノ岳⇒(1:00)⇒北岳山荘⇒(45)⇒八本歯のコル⇒(1:00)⇒大樺沢二俣⇒(1:15)⇒広河原⇒(バス40)⇒駐車場
 
 1日目 
 駐車場   5:10 ~ 北岳山荘 12:30
 
 
 2日目 
 北岳山荘 5:20 ~ 駐車場   12:30
 
 

駐車場=広河原~北岳~北岳山荘
前日の20時頃に到着、無料の第2駐車場(芦安駐車場位置図)は半分ほど停まっていました。ビールを飲んで22時には就寝。4時起床、おにぎりとウイダーインゼリーを食べ、身支度して出発です。先ほどから、乗合タクシーが待っています。運賃1,000円、マイカー規制協力金100円
 
野呂川にかかる吊橋を渡り、広河原山荘を過ぎた辺りから雨が降り出しました。以降、カメラはバッグの中なので写真は有りません。シラビソ樹林帯の急斜面を登ると、やがて白根御池小屋に着きます。雨宿りしながら、一本入れます。
 
小太郎尾根に上がると、雨に加えて横からの強風です。肩の小屋は素通りし、北岳山頂を目指しました。山頂は、勿論ガスガスです。雨が小振りになったところで、1枚撮りました。
 
北岳山荘までは、更に雨と風が激しくなりました。吹き飛ばされないように、踏ん張りながら下りました。受付を済ませ、カッパを干し、ストーブに当たりながら熱燗を頂きました。外は大荒れ。26名のツアーが中白峰の手前から、強い風雨で進めなくなり戻ってきました。
 
北岳山荘~間ノ岳~北岳山荘
4時起床。自炊場で朝食を食べ、外が明るくなったので歩き始めます。未明まで降っていた雨は上がり、霧の中に朝陽が見え隠れしています。北岳から農鳥岳へと続く稜線は、標高3,000mの稜線では本邦で一番長い稜線。素晴らしい稜線歩きです。次第に霧は下がり、抜きん出た頂のみが現れました。ブロッケン現象を楽しみ、間もなくして間ノ岳山頂です。
 
間ノ岳山頂は、360度の大パノラマ。富士山、農鳥岳、木曽駒ヶ岳、仙丈ヶ岳、甲斐駒ヶ岳、北岳などが見渡せます。風を避け山頂直下にバッグを置き、暫し展望を楽しみました。黄色い声に山頂を見上げると、若いハイカー達が写真を撮り合っています。さて、荷物をデポしてある山荘に戻りましょう。
 
北岳山荘~広河原=駐車場
山荘の自炊場で、2度目の朝食(山荘の弁当)を摂り、荷物を入れ下山します。復路は、八本歯のコルを経て、大樺沢を下ります。左手に北岳バットレスを見ながら、幾つもの木の梯子を下ると、やがて八本歯のコルに着きます。道標に、広河原まで3時間と書いてあるので、12時発のバスに間に合うでしょう。
 
大樺沢沿いに咲いている花の写真を撮りながら、大樺沢二俣を経て広河原に到着。30分ほど待ち、バスに揺られて駐車場に戻りました。下山後は、道向かいの白峰会館で汗を流し、蕎麦を食べて帰宅しました。
 
市営・北岳山荘は、1泊2食付き7,900円。水は、宿泊客1ℓ無料(100円)渓水を汲み上げています。綺麗な山小屋でした。乾燥室は有りませんが、ストーブが3台点いていたので、濡れたカッパなど乾きました。
 
拡大写真もご覧下さい。


 1日目 5:10 駐車場発
 道向かいは、日帰り入浴の白峰会館とバス停車場。 敷地内は、乗合タクシー場。
 6:00 広河原着・登山開始
 カッパを着て歩き始めます。広河原山荘辺りから、雨が降り出す。
 8:10 白根御池小屋
 長い樹林帯を抜けると、白根御池小屋。
 小屋からは、ダケカンバなどの広葉樹林となります。
 10:20 肩の小屋
 小太郎尾根に上がると、横風が冷たい。
 小屋の周りには、沢山のドラム缶。
 11:00 北岳山頂
 ガスガスです。ここから山荘までの稜線は、激しい風雨でした。
 12:30 北岳山荘着(16時撮影)
 
 
 2日目 5:20 北岳山荘発
 
 稜線に朝陽が当たり始めます。  5:50 中白峰より、間ノ岳
 
 
 
 プロッケン現象  富士山  6:40-7:00 間ノ岳山頂
 
 
 間ノ岳山頂より、北岳、甲斐駒ヶ岳(左奥)  同、鳳凰三山  同、塩見岳(右)、赤石岳(中央奥)
 
 
 同、木曽駒ヶ岳など中央アルプス  同、仙丈ヶ岳  間ノ岳直下より、山頂を見上げる。
 
 
 同、手前は、西農鳥岳、農鳥岳  同、塩見岳、赤石岳(奥)  同、北岳
 
 
 同、農鳥岳へ向かうハイカー
 さて、北岳山荘に戻りましょう。
 振り返って、間ノ岳  鞍部に北岳山荘、大きい北岳
 
 
 振り返って、草紅葉の登山道を登っていくツアー。  この山ガールは、15日間で南アルプスを縦走するそうです。  8:00 北岳山荘着
 8:20 北岳山荘再出発
 
 振り返って、中白峰と間ノ岳  草紅葉の道をトラバースします。  振り返って、実際は高度感なく、しっかりした木の梯子です。
 
 八本歯のコル  ナナカマドと北岳バットレス  9:05 八本歯のコル
 12時発のバスに、間に合うでしょう。
 
 振り返って、八本歯の頭  大樺沢に咲くトリカブト  シシウドの群生地、雪渓
 
 
 10:05 大樺沢二俣
 簡易トイレが設置されています。
 大樺沢を左岸~右岸~左岸へと渡ります。
 沢沿いは涼しい。
 11:20 広河原着
 11:50 広河原発
 12:30 駐車場着 下山後は温泉と蕎麦
 
イワベンケイ トウヤクリンドウ ナナカマド オンタデ シシウド
 


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録