北海道足寄町 阿寒岳(あかんだけ 1,499m)
                                                                     
トップページ
                                            
2016.07.20 (水) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 3時間30分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(1:50)⇒雌阿寒岳山頂⇒(1:40)⇒駐車場

 往路 1時間50分
 復路 1時間40分
 行動時間  3時間30分
 実時間  駐車場 6:10 〜 駐車場 9:40

         拡大写真

駐車場〜雌阿寒岳山頂
車は前泊した、阿寒温泉公共駐車場(MC 783 823 102)に停めました。無料、トイレ、水場有り。隣は野中温泉(200円)。さて、身支度して歩き始めます。

駐車場から舗装道路を数分北へ歩けば、登山箱が設置されている登山口です。アカエゾマツの鬱蒼とした道が続き、2合目を過ぎるころからハイマツが現れます。ここのハイマツは、人の背丈を越える大きさなので、展望は無い。又、朝露が残る時期での登山は、レインウェアが必要でしょう。4合目を過ぎると、ハイマツも低くなり展望が開けてきます。

高度を上げるのに連れ露岩や砂礫となり、やがて墳音が聞こえてきます。稜線に立つと、枯れた赤沼の火口壁から、噴煙が音を立てて噴き出しています。活火山であることを思い知らされます。岩壁の先には阿寒富士が見え、ロープの内側を辿り山頂に到着しました。

山頂からの展望は、あっという間にガスがかかり、数枚しか写真に収めることが出来ませんでした。風が強いのでウインドブレーカーを着て、晴れるのを待ちましたが、ガスは濃くなるばかり。山ごはんを食べ、早々に下山しました。

雌阿寒岳山頂〜駐車場
復路は、往路を戻りました。下山後、野中温泉(200円、源泉掛け流し、いつまでも硫黄の匂いが体を包んでいました。良い温泉でした。)で汗を流し、羅臼岳登山口へ移動しました。羅臼岳登山口は、岩尾別温泉「ホテル地の涯」(MC 757 671 699)の奥です。駐車場は、無料、トイレ、水場有り。車中泊。

 拡大写真もご覧下さい。


 6:10 駐車場発
 駐車場内に、水場が有り。隣接して、トイレ、温泉が有ります。
 6:13 登山口
 駐車場から数分で登山口。
 6:25 1合目
 アカエゾマツの落ち葉を踏みながら、まもなくして1合目。
 背丈を越えるハイマツの中を、中腰で登ります。時折、バッグが引っ掛かる。  7:00 4合目を過ぎると、展望が開けます。  振り返って、雲海の下に駐車場。
 左手に、分からない山(フップシ岳?)  高度を上げて、逆光の雌阿寒岳。  コマクサ
 メアカンフスマ  マルバシマツケ  メアカンキンバイ
 ホソバナオンダテ  山頂直下より、右手に火口、噴煙、後景は阿寒富士。  同、左手に剣ヶ峰。
 同、雌阿寒岳山頂。  8:00 雌阿寒岳山頂  先行者2名。
 同、あららガスってきた。  同、眼下に噴火口。  同、剣ヶ峰、雄阿寒岳は見えなくなりました。
 さて、下山します。
 振り返って、ガスっている山頂。  9:37 駐車場着
 9:40 駐車場着
 下山後、温泉に入り、羅臼岳登山口へ。
 野中温泉別館は、湯、水、露天無し、200円
 同施設の、露天のある別館では、350円




「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録