群馬県藤岡市神流町 愛宕山(あたごやま 955m)
                                                                     
トップページ
                                            
2016.12.05 (火) 晴れ・曇り 単独 
 歩行時間 計 3時間55分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(2:35)⇒塚山山頂⇒(2:20)⇒駐車場

 往路 2時間35分
 復路 2時間20分
 行動時間  4時間55分
 実時間  駐車場 8:30 〜 駐車場 13:25

         拡大写真

駐車場〜愛宕山山頂
愛宕山は、柏木地区から望むと和式の便器に似ていることから、通称お便所山と言われているそうです。山容によって、山名や通称名が付けられることがありす。日本百名山にも、安達太良山(乳首山)など通称名が付けられている山もあります。しかし、お便所山とは何とも不名誉は通称名です。
車は、赤土橋バス停の手前( MC 241 174 094 )に停めました。バス停、林道入口、登山口に6台程。トイレは、街道沿いに幾つも有りますので、事前に済ませます。さて、身支度して歩き始めます。

登山口は、国道より室沢川左岸に有ります。道は、いきなり急斜面を登り、まもなくして緩やかになります。落ち葉で覆われた道を進むと、次第に尾根から遠ざかってしまうので、予定していた左手の支尾根に取り付きます。尾根は、急斜面や大きな岩が有りますが、左右に振ったり高巻きしながら高度を上げて行きます。道は明瞭で、作業道や獣道が濃くなっています。

野生動物からの食害を防ぐため保護柵が設置されていますが、地形図には記載されていませんので、巻いたり中に入ったりでアルバイトを要してしまいました。スーパー林道へは、強引に藪漕ぎで上がりました。スーパー林道からは、25分で山頂に着きましたが、危険個所が2ヶ所有りますので慎重に登下山しました。

山頂は、落葉した木々の間から、御荷鉾山、塚山、竹ノ茅山、神流湖などが見えます。少し先へ行くと平坦な場所が有り、山ごはんに良い場所が有ります。しかし、風が冷たいので早々に下山します。

愛宕山山頂〜駐車場
復路は、920mの鞍部から、旧登山道を尾根伝いに下り、入沢の滝を見学して駐車場に戻りました。なお、下山ルートにおいて、林道愛宕山線へ降りるためロープを使いましたが、少し手前で谷沿いに下れば難なく降りることが出来ます。

 拡大写真もご覧下さい。


 先日、大林寺手前から愛宕山を望む。
 確かに、便器に見えます。
 8:30 駐車場発
 赤土橋の手前(電柱の左)が登山口
 最初は、急斜面です。
 荒れた道ですが、道型は明瞭
 尾根を離れ下り始めたので、左手の尾根に取り付きます。  尾根上は、急斜面だけど道型は有り。  P782より、左手に愛宕山の前衛峰
 尾根上に、沢山の山村境界杭  人工林を何度も通過  緩やかなミズナラ林
 9:18 P678  同、愛宕山(左)  同、御荷鉾山
 ヤセ尾根  スーパー林道が見え始めると、  保護柵に阻まれる。
 中を覗くと作業道が有り。又、穴が空いるので中に入ります。通過後、塞ぎました。
 10:18 保護区域から、左上のスーパー林道へ上がる。 林道は、12月10日〜4月20日まで冬季通行止めです。  10:40 愛宕山入口
 スーパー林道からの登山口
 二つ目のピークは、ロープ伝いを使い左に巻きます。
 山頂直下は、右へ高巻きます。過去に2人墜落死しています。又、平成25年には猟師が落ち、重傷。慎重に登ります。  11:05 愛宕山山頂より、御荷鉾山
 寒いので、早々に下山します。
 11:20 920mの鞍部
 最初のピークを、左下へ下ります。
 目を凝らすと、薄い道型が有ります。  11:35 林道愛宕山線を右に見送り、更に尾根を下ります。  尾根に従って下ります。
 11:46 林道愛宕山線へ降ります。
 手前で、谷へ下りようと思いましたが、ロープがあるからと慢心していました。
 12:12 苦戦して、林道へ降りました。
 ロープとスリング等は、久しぶりの活躍
 同、降りた法面
 すぐ先、谷筋からの出合  ガードレールをまたぎ、沢沿いの薄い道を辿ります。  道型は、次第に濃くなってきます。
 12:28 入沢の滝
 滝の裏には祠が有り、赤飯など多くの供物。信心の深さを感じました。入沢の水は、柏木地区の水源となっています。
 入沢の滝までは、4Wの車なら来られます。長い林道を下ります。  13:09 柏木地区より、竹ノ茅山
 13:25 駐車場着  お便所山は、愛宕山を愛し信心と馴染み深い地元の方だけに、許されている名称だと思います。



「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録