福島県猪苗代町 磐梯山(ばんだいさん 1,819m)
                                                                   トップページ
 
山頂の位置 参考にしたガドブック等 日帰り等温泉
マピオンの地図  山と高原地図 11 磐梯・吾妻 安達太良  日本百名山  上 磐梯山 白布温泉・森林体験交流センター 395円
 
2013.06.07 (金) 晴れ・曇り  単独 
歩行時間 計 3時間20分  行動時間 3時間35分
駐車場・登山口⇒(1:20)⇒弘法清水⇒(20)⇒磐梯山山頂⇒(20)⇒弘法清水⇒(1:20)⇒駐車場 
 
往路 1時間40分   復路 1時間40分
ゆっくり下山したので、同じ時間となりました。
  実時間  駐車場10:25 〜 駐車場14:00


         拡大写真

安達太良山〜磐梯山八方台登山口
予定では明日登ろうと思っていましたが、安達太良山を早く下山できたので、本日2座目の百名山、磐梯山を目指します。無料開放されている磐梯吾妻レークラインと磐梯ゴールドラインを通り、八方台登山口へ移動します。60台程停められます。トイレ有り。
 
駐車場・登山口〜磐梯山
遅い出発なので既に下山した者がいたのか、登山口に一番近い場所が空いていました。さて、身支度して歩き始めます。安達太良山に近い山なのに、木々や植物が違いました。この山は、ブナ林とダケカンバ林が美しい。又、ミネザクラやミヤマキンバイが咲き誇っていました。ただ、展望は少しだけ。
 
登山口に入ると直ぐにブナ林が現れ、森林浴を楽しみながら緩やかに高度を上げます。やがて硫黄の臭いがすると、中ノ湯に着きます。登山道に水が流れているので、足元を見るとブクブクと温泉が湧出しています。触れると熱くもなく、冷たくもなかったです。
 
湿地帯の木道を歩き、木段を登ると裏磐梯登山口への分岐です。ここから次第に斜面はきつくなり、根が張り出すようになります。弘法清水に着くまでに、北側の展望が2〜3箇所開けています。中ノ湯から1時間程で、お花畑への分岐が有ります。先ずは、山頂を目指します。
 
弘法清水を過ぎると、ミネザクラが頻繁に現れます。潅木も低くなり、左手に崩落地を過ぎると山頂は近いです。山頂からは、猪苗代湖が大きく見えました。ミヤマキンバイが足元にも沢山咲いていますので、注意しながら休憩します。待ちましたが、晴れそうもないので下山します。
 
磐梯山山頂〜駐車場
山頂からは、往路を戻りました。お花畑へ行こうと思ってましたが、弘法清水小屋の主人と話していたら、寄るのを忘れて下山してしまいました。さて、西吾妻山登山口の白布温泉へ移動します。
 
拡大写真もご覧下さい。


 10:25 駐車場発
 沢山停まっています。トイレ有ります。
 登山口の相向かいが空いていました。 
 登山口から、森林浴が始まります。  タムシバ
 オオカメノキ
 
 
 ブナ林の中を歩きます。  マイヅルソウ
 エンレイソウ
 
 
 サンカヨウ  中ノ湯
 硫黄の臭いがすると思ったら、中ノ湯の跡地でした。
 噴火口へと続く尾根、桧原湖。
 
 
 ムラサキヤシオ  次第に急斜面
 逞しいスミレ
 
 
 尾根を高巻きます。  ダケカンバも綺麗
 ミネザクラ
 
 
 11:45 弘法清水
 休まず山頂を目指して、右上へ登ります。
 振り返って、辿って来た尾根と右下にお花畑。
 露岩、ミネザクラ、ハイカー。
 
 
 崩落地帯に注意して  12:05-12:20 磐梯山山頂
 ご覧のとおり、ガスガスだす。
 ミヤマキンバイが沢山咲いています。
 
 
 猪苗代湖を望むハイカー  猪苗代スキー場
 さて、下山しましょう。
 オオカメノキ、ミネザクラ
 
 
 12:40 弘法清水
 手ですくって飲んだら、冷たくて美味しい。
 岡田小屋と書かれているので、山頂の小屋と同じ経営者なのでしょう。
 ツバメオモト
 
 
 火口原と櫛ケ峰  緩やかな道になるとブナ林
 森林浴を満喫するハイカー
 
 
 14:00 駐車場着
 西吾妻山登山口、白布温泉へ移動。
 白布温泉(天元台駐車場から徒歩で行けます)で汗を流し、蕎麦を食べ、さくらんぼワインとやらを買い込んで、車中泊です。
  
  


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録