群馬県みどり市 袈裟丸山・バラ沢峠尾根(P1,549m)
                                                                トップページ
 
山頂の位置 参考ホームページ 参考にしたガドブック等
マピオンの地図 安蘇の山懐から 2005.05.22 山と高原地図 20 赤城・皇海・筑波 
 
2013.05.18 (土) 晴れ 単独  尾根の取り付きから、弓ノ手コースに合流するまで、道標やテープなどは無くルートファイティングが必要です。
特に、P1,549の先は、道型の無い笹とアカヤシオの林を下るので、コンパス等は必携です。
歩行時間 計 2時間30分  行動時間 3時間30分
折場登山口⇒(10)⇒駐車場・バラ沢峠登山口⇒(1:50)⇒バラ沢峠尾根の最高ピーク⇒(40)⇒折場登山口⇒(10)⇒駐車場 

往路 1時間50分   復路 40分
 
  実時間  駐車場5:30 〜 駐車場9:00


         拡大写真

駐車場〜バラ沢峠尾根の最高ピーク
以前、弓ノ手コースを登っていたとき、東の尾根がアカヤシオでピンク色に染まっていました。下山後に調べたら、バラ沢峠から登り詰められることが分かりましたので、適期を見極め出かけてきました。
 
R122を沢入から寝釈迦の案内に曲がり、道なりに車を走らせると、送電鉄塔が立つバラ沢峠があります。今日はここから取り付くのですが、先ずは車を置きに、折場登山口に向かいます。駐車場に車を停め、ミニバイクでバラ沢峠まで戻ります。さて、身支度して歩き始めます。
 
バラ沢峠からの尾根は、急ですが歩き易く咲き遅れたミツバツツジとヤマツツジが迎えてくれました。下部は、既に花が散って葉となっています。一週間程遅いですかね。高度を上げ、やがて露岩やコメツガの大木が現れます。木々の間からは、赤城山や栃木の山が遠望できます。
 
幾つかのピークを越えますが、それぞれのピーク周辺にヤシオツツジが咲いています。特に、P1,450とP1,549は見事でした。P1,549でビニールシートを広げて、赤城山、前袈裟、後袈裟、中袈裟、奥袈裟を一望しながら、まったりと山ごはんです。時々、弓ノ手コースを登るハイカーの声が聞こえますが、こちらには誰も来ません。
 
バラ沢峠尾根の最高ピーク〜駐車場
地形図の破線方向へ下ると、ベンチがあるツツジ平下に着きました。右折すると、ツツジ平や賽の河原です。続々とハイカーが登って行きます。きっと賑やかでしょう。左折して下山します。
折場駐車場付近は、路上駐車で一杯。車でバラ沢峠に戻り、ミニバイクを載せて帰宅しました。
 
拡大写真もご覧下さい。


 5:30  折場駐車場
 既に満車状態。10台程停められます。
 後は路上駐車。トイレ有り。
 5:40 バラ沢峠駐車場着・発
 鉄塔が立つバラ沢峠の駐車場。
 15台程停められます。下山時3台有り。
 ミニバイクを停め、法面から取り付きます。
 尾根は、予想外に歩き易い。
 
 
 まだ残っていたミツバツツジと、  ヤマツツジ。
 作業道は使わず、右手の尾根上を進みます。 
 
 コメツガの大木が現れると、  露岩も登場です。
 左手の樹間からは、P1,450から派生する枝尾根が見えます。 
 
 最初の好展望地。P1,270辺り。  同、P1,450を望む。
 同、露岩に乗って赤城山を望む。
 
 
 背丈の低い笹の中に、獣道が有ります。
 鹿の糞も有ります。
 見上げると、残り少ないアカヤシオの花が咲いています。
 右手には、男体山など栃木の山々。
 
 
 P1,420で右からの尾根と合わさる。
 少し進み、振り返って辿って来た尾根。
 右手(東側)の斜面にアカヤシオ
 眼下は、大規模伐採の跡
 
 
 落下したアカヤシオ  残り少ない。
 アカヤシオと赤城山遠望
 
 
 アップすると優しい色合い  P1,450を望む。
 ピーク周辺はヤシオの林
 P1,450より、岩に張り付くように咲くアカヤシオと赤城山遠望。 
 
 同、だいぶ残っています。  7:30-8:10 バラ沢峠尾根の最高ピーク
 笹の上にビニールシートを広げて大休憩。
 誰も来ない静かなピークでした。
 同、左から、前袈裟、後袈裟、中袈裟、奥袈裟です。眼下の斜面は、広いアカヤシオの林です。 この山肌が見えたのでしょう。
 同、少し右に振って、奥袈裟と皇海山。  同、更に右手に、男体山遠望。アカヤシオの林は続きます。
 同、左手は、赤城山遠望。
 山ごはんとアカヤシオを満喫したので下山します。
 地形図の破線方向へ下ります。
 道型は全く有りません。
 笹の背丈は50cm程。
 笹を抜けると、濃い道型が有りました。
 道に従って下ると、ツツジ平下のベンチに着きました。右折は、賽の河原方向。左折して、折場登山口へ向かいます。  続々とハイカーが登ってきます。  8:50 折場駐車場着。車でバラ沢峠へ
 9:00 バラ沢峠駐車場着。ミニバイクを載せて帰宅。
 
 
バラ沢尾根 → バラ沢峠尾根
ミニバイクと車のイラストが逆でした。

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録