鳥取県大山町 大山(だいせん 1,709m)
                                                                     
トップページ
                                            
2015.06.07 (日) 晴 単独 
 歩行時間 計 3時間40分 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(1:50)⇒弥山山頂⇒(1:50)⇒駐車場

往路 1時間50分   復路 1時間50分
 行動時間 3時間40分
 実時間  駐車場 04:50 〜 駐車場08:30


         拡大写真

大山夏山開き祭・前夜祭
伊勢崎を6/5 18:30に出発し、阿智SAで車中泊。南光河原駐車場(MC 252-498-470)には、6/6 雨と霧の中11:00着。今日登るのは諦めて、大山館(500円)で入浴し、缶ビールとカップヌードルの昼食。2時間ほど昼寝後、車外へ出ると晴れ始めました。天気予報通りです。

温泉街や大山寺などを散策し第4駐車場へ行ってみると、前夜祭のステージやテントが設置され、歌・踊り・ご当地グルメ・FM放送などで賑わっていました。情報館の係員には、19:30から大神山神社からスタートするたいまつ行列(500円)の参加を促されましたが、写真を撮る方に参加することにしました。

イベント会場で地酒や大山おこわを購入し、車中で再びうたた寝。境内が暗くなり神事が行われた後、たいまつ行列が大神山神社をスタート。3,000人のたいまつ行列は、炎の河のようで圧巻でした。待たされ体は冷えてしまい、このままでは寝付けません。車の暖房をMAXにし、コーヒーを飲み体を温め就寝。


駐車場〜弥山山頂
登山口へは下山キャンプ場P(60台程)が一番近いですが、温泉街に近い南光河原P(50台程)に停めました。水洗トイレが有り、一晩中電灯が点いていました。大山おこわとコーヒーで朝食を済ませ、さて、身支度して歩き始めます。

舗装道路の左手から登山口となります。間もなくして、キャンプ場からの夏山登山口と合わさります。左折して、ブナが茂る登山道を進みます。道は良く整備され、広いので擦れ違いが容易です。森林浴を味わいながら、次第に高度を上げ、六合目避難小屋辺りになると展望が開けます。振り返ると、辿ってきた尾根の先には日本海が見えます。

森林限界を過ぎると木道となり、脇にダイセンキャラボクが現れます。山頂は、風を遮る木々が無くとても寒い。ジャケットを羽織り、展望を味わいながらの山ごはん。次々と山頂に着くハイカーに、席を譲って下山します。

弥山山頂〜駐車場
復路は、ダイセンキャラボクの群生地を経て、往路を戻りました。下山後、昨日と同じ大山館(他のお風呂は営業していません)で汗を流し、帰宅しました。京都で一泊するつもりでしたが、通過が12:00だったので帰宅することに。しかし、1日で800q運転したのは初めてでした。往復1,600.3q、18:30自宅着。いや〜、疲れました。運転が!

 拡大写真もご覧下さい。


 大山夏山開き祭・前夜祭のイベント会場(第4駐車場)より、大山の北壁
 雨は止み雲もなくなりました。
 大山おこわ 400円
 美味しくて、2個買ってしまいました。
 又、大吟醸も美味でした。
 たいまつ行列。500円で参加可能。
 19:30 大神山神社奥宮から、3,000人の行列がスタート。参道は炎の河のよう。
 4:50 南光河原 駐車場発  登山口
 右奥には、下山キャンプ場の駐車場
 下山キャンプ場Pより合流
 左折します。
 車は、神社関係者です。
 綺麗なブナ林  合目毎に標柱が設置されています。  ヒメウツギ(タニウツギ)と山ガール
 振り返って、日本海  六合目避難小屋で、皆さん一本立てています。  振り返って
 又、振り返って、辿ってきた尾根  又々、振り返ってしまう山ガール  前方には、弥山山頂が近い
 6:40 弥山山頂  同、米子市街  同、山頂避難小屋と日本海
 同、剣ヶ峰、天狗ヶ峰
 縦走は禁止。先日、滑落し遭難しました。
 さて、下山します。
 道の脇には、ダイセンキャラボクが群生  マイヅルソウ
 コイワカガミ  アカモノ  ダイセンキャラボク
 辿ってきた尾根、日本海  振り返って、弥山山頂  良いポジションで、写真を撮っている山ガール
 団体さん、いらっしゃい。
 開山開きの神事は、山頂で行われます。
 右折して、南光河原Pへ向かいます。  8:30 駐車場着
 下山後、大山館で汗を流して帰宅。
 18:30 自宅着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録