長野県阿智村 恵那山(えなさん 2,189m)
                                                                     
トップページ
                                         
山頂の位置       参考にしたガイドブック等        日帰り温泉等
マピオンの地図 日本百名山 下 恵那山    ハイトスの里山山行記 2012.08.19 月川温泉  野熊の庄・月川 600円
   
2014.10.11 (土) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 6時間00分 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(30)⇒広河原登山口⇒(2:00)⇒P2,071⇒(20)⇒山頂⇒(10)⇒最高地点⇒(2:30)⇒広河原登山口⇒(30)⇒駐車場

往路 3時間00分(最高地点まで)
復路 3時間00分
 行動時間 6時間00分
 実時間  駐車場 5:45 〜 駐車場11:45


         拡大写真

駐車場・登山口〜山頂
長野県と岐阜県を結ぶ峰越林道は、一部崩落により通行止めです。車を長野県側の林道に設けられた臨時駐車場(マップコード 313 661 600)に停め、車中泊です。下山時には、駐車場20台、手前の空スペース20台、後は路上駐車10台くらい有りました。新しい水洗トイレ、仮設トイレ有り。さて、足元が明るくなりましたので、身支度して歩き始めます。

舗装された林道を30分程歩くと、広河原登山口です。本谷川に架かっている木の橋を渡ると、本格的な登山道となります。道は、良く整備されています。又、山頂までの距離と10分割された現在位置が書かれている道標があるので、体力の調整がし易かったです。

高度を上げるのに従って道沿いの木々は、カラマツ、ブナ、カエデ、ダケカンバ、シラビソと変わっていきます。行程中の殆どは、これらの木々に遮られ見える展望は少しだけ。時折開かれる展望は、右手に御嶽山、左手に黒井沢ルートの尾根、振り返っては木曽駒ヶ岳や南アルプスの峰々です。十分過ぎますかね。

登るばかりの道も、P2,071を過ぎると一度下ります。そして、再び登り上がると恵那山山頂に着きます。山頂には、まだ誰もいません。先ずは、2,191mの最高地点に行ってみます。山頂避難小屋、四乃宮社、三乃宮社を過ぎましたが最高地点を示す標識が有りません。GPSで位置を確認すると、どうやら通り過ぎたようです。先ほどの、四の宮社辺りが最高地点のようでした。戻って避難小屋で山ごはんにしましょう。

山頂避難小屋の裏岩に上ると、南アルプスと辿ってきた尾根が見えます。ただ、残念なことに御嶽山は枯木に遮られ、少し見難くかった。小屋前のベンチに腰を降ろしおにぎりを頬張っていると、次々にハイカーが集まってきます。情報交換後、席を譲って下山します。

山頂〜登山口・駐車場
復路は、往路を戻りました。下山後は、月川温泉で汗を流して帰宅しました。

 拡大写真もご覧下さい。


 5:45 駐車場発
 約50台、仮設トイレ、新設水洗トイレ有り。この先、一般車は進入禁止。
 舗装された峰越林道を30分程歩き、トンネルを過ぎると左手に登山口。  6:15 広河原登山口
 
 左下に降り、本谷川に架かる橋を渡ります。  道は、良く整備されています。最短距離で山頂を目指すので、高度をぐんぐんと上げます。  6:55 紙の道標と、新しい木の道標が設置されています。三合目です。
 尾根を登って行きますが、幾つかのピークの先は平坦地。落ち葉が多く、紅葉時期はもう終わりでしょうか。  殆ど、クマササに覆われた道です。
 ダケカンバの葉は残りわずか。
 カエデは良い感じ。
 オオカメノキの実は、赤から黒に変色。  左手に、黒井沢ルートの尾根でしょうか。  見上げると、P2,071。
 振り返って、辿ってきた尾根。  辿ってきた尾根の彼方に、木曽駒ヶ岳(後景・左)、空木岳(後景・右)。  更に高度を上げ、右手に噴煙を上げる御嶽山。
 8:15 P2,071  尾根の一部は平坦地。
 一度下り、
 最後の急斜面を上がると、
 8:35 恵那山山頂
 展望台、山名板、三角点、奥宮社が有り。誰もいません。最高地点へ向かいます。
 恵那山山頂避難小屋と思ったらトイレでした。
 避難小屋は、この先。
 避難小屋の先、四乃宮社辺りからの展望です。 木曽駒ヶ岳、空木岳。
 同、南アルプスの峰々。
 先日登った赤石岳は、どれかなあ?
 同、辿ってきた尾根
 もう少し先へ向かいます。
 8:45 三乃宮社より、P2,182
 さて、避難小屋に戻ります。
 9:00 恵那山山頂避難小屋の裏岩  同、御嶽山。はっきりと見える位置へ移動したいのですが、岩から落ちそうです。
 
 避難小屋に降り、ベンチで山ごはん。
 次々と登って来るハイカーで、賑やかになってきました。ベンチを譲り下山します。
 下山途中より、木曽駒ヶ岳遠望。  11:20 広河原登山口  11:45 駐車場着
 下山後は、月川(つきかわ)温泉、野熊の庄・月川(げっせん)で入浴し帰宅しました。


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録