群馬県富岡市 白雲山(妙義山)1,104m
                                                                                            
                                                           トップページ
山頂の位置       参考ホームページ 参考にしたガイドブック等        日帰り温泉
マピオンの地図 K2couple  2010.11.21 山と高原地図  21 西上州 妙義山・荒船山 もみじの湯   定休日でした。
妙義山登山まっぷ (とみおか浪漫紀行)
   
2012.09.24 (月) 晴れ    単独 
 歩行時間 計5時間00分 (休憩含む) 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(10)⇒妙義神社・登山口⇒(40)⇒大の字⇒(51)⇒玉石⇒(49)⇒天狗岩⇒(45)⇒相馬岳⇒(55)⇒中間道出合い⇒(50)⇒駐車場

往路 3時間15分   復路1時間45分

腕力に自信が無い登山者は、同行者にザイル等で確保してもらう方が安全でしょう。
 行動時間 5時間00分
 実時間  駐車場7:05 〜 駐車場12:05


         拡大写真

駐車場〜大の字
妙義山は、白雲山、金洞山金鶏山の三山から成ります。広義には、妙義湖に注ぐ中木川をはさんだ、南を表妙義、北を裏妙義と合わせて妙義山と呼ばれています。表妙義の白雲山は、玉石、天狗岩、相馬岳などから成り、白雲山の山名は有りません。また、金洞山も東岳、西岳、中之岳などから成り、やはり金洞山の山名は有りません。唯一、山名を持つ金鶏山ですが、落石の心配があり入山禁止になっています。今日は、白雲山を目指します。さて、身支度して歩き始めます。

車は、妙義神社南の市営無料駐車場に停めました。約40台停められます。神社の山門をくぐり境内に入ろうとしたら、平成19年台風9号の被害により入れませんでした。右手の旧本社へ向かうと登山口があります。大の字まで緩やかな道でしたが、直下では急斜面のクサリ場となります。大の字を過ぎると、辻という三叉路に出合い、これより上部は、急斜面の岩場やクサリ場が続くので、初心者は第一見晴へと下る方が良いでしょう。

大の字〜相馬岳
奥の院の脇、3連30mの直立したクサリ場を上ると、見晴らしの良い好展望地が現れます。金洞山、裏妙義、榛名山、赤城山などが見晴らせます。以降、潅木の道、大岩の道、クサリ場を繰り返し、登り詰めると好展望の玉石、大のぞき、天狗岩のピークとなります。山と高原地図には、玉石のピークに「白雲山頂の標識」と書かれていますが、見当たりませんでした。

それぞれピークの前後には、急斜面に長いクサリ場が有りますが、足場も確保することかできるので、慎重に進めば大丈夫でしょう。ただ、初心者や急斜面のクサリ場に慣れていない人は、補助ロープなどで確保された方が安全でしょう。天狗岩を過ぎ一旦鞍部に下り、再び登り上がると、クサリ場は無く相馬岳に着きます。山頂からは、金銅山や裏妙義の丁須の頭などが見えます。他方向は、木に阻まれています。

相馬岳〜駐車場
復路は、先ほどの鞍部に戻り、タルワキ沢に沿って中間道へと下ります。中間道は、関東ふれあいの道なので、緩やかな道です。第二見晴に立ち寄り、大黒の滝で小休憩し、ゆっくりとした足取りで駐車場に戻りました。下山後、もみじの湯に寄ろうとしたら、定休日でした。

 
拡大写真もご覧下さい。


7:05 駐車場
 下の無料駐車場に停めました。上にも有ります。
 計40台ほど停められます。
 妙義神社の山門をくぐります。台風被害の為、境内には入れません。右手の旧本社へ進みます。 7:15 妙義神社・登山口
 旧本社の脇に、登山口が有ります。

 大の字までは、緩やかな道が多い。  大の字直下のクサリ場 7:55 大の字
 左手には榛名山

 右手は佐久の山々かな?
 クサリ場を戻り、奥の院へ向かいます。間もなくして
「辻」に着きます。
 辻は三叉路になっていて、上部の奥の院、下山コースの第一見晴を示す道標が有ります。  上級コースを進むと、大きい岩の間に奥の院が有ります。

 奥の院の右脇に、クサリが下がっています。  登り上がると、見晴らしの良い展望台が有りました。  同場所から、金洞山


 同、裏妙義山  同、眼下に安中市。潅木の道を、更に上ります。 8:46 玉石
 展望は一部だけ。

 玉石から、金洞山を見下ろします。  潅木に覆われた稜線を進みます。  振り返って、玉石。


9:05 大のぞき
 天狗岩を望みます。
 大のぞきを下ります。 9:35 天狗岩
 潅木に囲まれて、展望は一部だけ。

 陽射しを遮ってくれますが、稜風も遮ってしまいます。暑いです。一旦鞍部に下ります。 10:05 タルワキ沢
 鞍部は、相馬岳、天狗岩、中間道の分岐です。
 相馬岳へ向かいます。クサリ場は有りません。
 振り返って、天狗岩。


10:20 相馬岳
 金洞山を望みます。
 裏妙義山。右のピークに丁須の頭が見えましたが、
写真では分かりません。
10:35 タルワキ沢
 先ほどの鞍部に戻ります。右折し、中間道へ向かいます。
 涸れたタルワキ沢を下ります。
 数ヶ所クサリ場も有ります。
11:15 中間道出合い
 関東ふりあいの道=中間道に出合いました。
 大黒の滝


 木漏れ日を受けながら、緩やかな道を歩きます。  妙義神社は、修復のため入れません。
 右折して、舗装道路を通って駐車場に向かいます。
12:05 駐車場   上の段の駐車場は、ブルトーザーが有り、コーンで仕切られ10台分は停められません。
 もみじの湯は、月曜が定休日でした。



「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録