群馬県みなかみ町 平ケ岳(ひらがたけ)2,141m
                                                                  

マピオンの地図
           
2009.06.26〜27天候 晴れ 単独  平ケ岳は、「鷹ノ巣」登山口からは、軽装でも往路7時間・復路5時間が基本です。 日帰りの場合、遅くとも6時には出発しないと下山時刻が夕刻になってしまいます。山頂直下の高山植物や名物の玉子石に立ち寄る時間は含まれていません。

 「中ノ岐」登山口は、往復7時間。
銀山平の民宿に泊まると、登山口までの送迎があります。百名山を目指すハイカーや体力に自信の無いハイカー向きです。

 休日の駐車場は混みます。2時に到着したハイカーは、既に2〜3台の空きしかなかったそうです。
 
 又、テントを背負っていたハイカーは、8人でした。
 歩行時間  6時間50分 
実時間
駐車場⇒(15)⇒登山口⇒(2:15)⇒下台倉山⇒(1:00)⇒台倉山⇒(35)⇒台倉清水⇒(10)⇒白沢清水⇒(1:15)⇒池ノ岳・姫ノ池

姫ノ池・テント場⇒(10)⇒水場・テント場⇒(30)⇒平ケ岳山頂⇒(40)⇒姫ノ池・テント場
1日目
 行動時間 8時間10分
 実時間  駐車場  7:00〜12:30 姫ノ池
        姫ノ池 13:50〜14:30 山頂
        山頂  13:30〜15:10 姫ノ池
        
 歩行時間  4時間00分    
姫ノ池⇒(50)⇒白沢清水⇒(30)⇒台倉清水⇒(20)⇒台倉山⇒(45)⇒下台倉山⇒(1:35)⇒駐車場
2日目
 行動時間 4時間00分
 実時間  姫ノ池  6:20〜10:20 駐車場


1日目

7:00 関越自動車道・小出ICから64キロ、登山口の駐車場には35台停められます。
 平日なので僕を含めて4台。自転車が2台。
 はいはい、登山カードを書きましょうね。
 箱の中には、鉛筆と登山カードが入っていました。
7:15 カードを入れたら、クサリをまたいで林道を進みます。15分ほどで登山口となります。
 さあ、急登が始まりますよ。
 最初の急登は、「1,197m前坂」までです。喘ぎながら進み、一本入れたところで振り返ると、遠くに会津駒ケ岳が見えます。  この鷹ノ巣尾根は、下台倉沢と上台倉沢に挟まれた急峻な尾根です。日陰が嬉しい。  ヤセ尾根の急登です。この先が「前坂」です。尾根歩きなので、両サイドの景色を見ながら登ります。
 しかし、急なので、足元ばかりですが。
 前坂の急登は、低い広葉樹で覆われていますので、暑いうえに景色が悪い。  前坂を過ぎたところで、振り返りました。両サイドの展望は開けています。
 次の急登は、「1,604m下台倉山」です。
 今日は、山頂で幕営。登り7時間と予想し、14時までに着けばいいので、一歩一歩ゆっくり登ります。
 しかし、重いわ・暑いわ。
 会津駒ケ岳が、あんなに大きく、近くに見えるようになりました。だいぶ高度を稼ぎました。 9:30 下台倉山です。
 はーはー、ぜーぜー、汗ダラダラ、梅雨の中休みですから、暑くて湿度が有ります。体力を消耗しますね。
 下台倉山の山頂から、隣の尾根を撮りました。
 方向としては、丹後山や大水上山方面なんですが。
 1,751ピークの前に、木道があります。
 お〜っ、らくちん、らくちん。
 地図のとおりですわ。一端下って登り返すのね。先に見えるのが、1,751mのピークかな。  樹幹からは、平ケ岳(左)と池ノ岳が見えました。
 まだまだ、あんなにも遠い。
 もう、下山してきたハイカー。 4時に登り始めたそうです。ベテランで、いつも8時間で往復するそうです。 10:30 台倉山の山頂です。下台倉山を過ぎると、緩やかな上り下りの尾根歩きなので、標識が無くつい見落としそうです。  11:05 鞍部に下ると台倉清水の水場です。2、3分下れば水場がありますが、まだ雪渓だったそうです・・・先ほどのハイカーに聞きました。
 このくらいのコシアブラ(漉油)を、テンプラにすると美味しいんだな〜。登山道脇に、何本もありました。 11:15 白沢清水の水場です。冷たい水が湧いていました。コップに汲んで一気飲みですわ。美味い。  このくらいのネマガリタケ(根曲がり竹)を、煮付けると美味しい。平ケ岳の登山道は、山菜も宝庫です。
 最後の急登です。ここを過ぎれば、池ノ岳の山頂直下が残るだけです。登山道=水路なので、雨のときは川になることでしょう。  林を抜けると、前方には池ノ岳が見えます。さあ、もうもう少し頑張ろう。  京都から来たハイカーです。清四郎小屋にテントを張り、駐車場には自転車を置いてきたそうです。
 池ノ岳の山頂は平らで広く、ハイマツとクマザサの間を木道が敷いてあります。  木道を進むと、突然、湿原に地溏が点在する「姫ノ池」に着きます。ここが、今日のテント場です。2張りは大丈夫。 12:30 テントを張り、先ずは冷たい飲み物。凍らせた水と一緒のビニール袋だったので、カンチューハイとトマトは良く冷えています。氷も、まだ解けていません。
 チングルマ(稚児車)です。山頂の湿原には、沢山の高山植物が咲いていましたが、紹介しきれないので、下の別枠に掲載いたします。  13:30 平ケ岳から、ヘロヘロになって下ってきたハイカー。凄く疲れ、顔色も良くないので、僕のテントで泊まる事を勧めたが、下山していきました。  左下の雪渓は、水場とテント場に続きます。
 木道は、玉子石へと続いています。
 正面の奥の山々は、丹後山や大水上山でしょう。
 玉子岩に行く途中の地溏です。池塘の向こうには、荒沢岳だと思います。
 雪渓の下には、水場とテント場があります。大きなマクラ木なので4張り、詰めれば6張りは可能でしょう。
 雪解け水なので、手を5秒と浸けられませんでした。
 登山道の脇には、ワタスゲ、イワカガミ、チングルマなどの高山植物が、沢山咲いています。
 踏まないように、足元に注意しながら散策します。
 平ケ岳へは、木道が整備されています。ハイカーより高山植物保護のためでしょう。
14:30 日本百名山・平ケ岳の山頂です。マツなどにより展望は無し。手前は二等三角点。  相変わらずの後姿です。
 隠れて見えない山は、会津駒ケ岳です。足元には、高山植物が絨毯のようです。
 平ケ岳から、テント場に戻ります。
 正面の山が、姫ノ池がある池ノ岳。あの山頂に、湿原や地溏があるなんて想像出来ないでしょ。
15:10 姫ノ池の向こうには、残雪のコントラストが綺麗な平ケ岳。
 片道、40分でした。
 19:00 夕食と焼酎で、お腹が一杯になったら、疲れで寝てしまいました。気がつくと、地溏の向こうに夕陽が沈んでいきます。

2日目

4:30 朝焼けの燧ケ岳です。 昨夜は21時に就寝。夜中に風が強くなり、一度目が覚めました。二度寝したら、もう陽が昇ろうとするところでした。 5:00 越後駒ケ岳です。玉子石に向かう途中に撮影しました。  山頂に、どうしてこんな石が出来たのでしょうね。
 湿原に点在する地溏を、見守る山神様のようです。いつまでも残したい景色です。
 水場の雪渓です。早朝にも関わらず、気温は低くないのでアイゼンが無くても歩けます。
 湿原には、植物保護のため木道が敷かれています。ワタスゲ(綿菅)が、風に押されて揺れていました。  山頂の朝は、湿度が無く清々しく朝陽も優しい。
 これから陽が高くなるに連れ、蒸して暑くなるでしょう。もう少しオアシスを楽しみたい。
 ヒメシャクナゲ(姫石楠花)は、尾瀬などの湿原を生育地としています。テント場の脇に生えていました。
 
 姫ノ池から、早朝の平ケ岳を望みます。 6:20 さて、テントを撤収して下山しましょう。
8:00 台倉山から、下山道の尾根を見ると、登ってくるハイカーが写真の左下に見えます。
 下台倉山から、前坂のピークを望みます。  前坂から、登山口への尾根を望みます。
 あの長い尾根を、まだまだ下って行くのか〜。
 夜行バスで来たため、少々睡眠不足と言っていました。最後に会ったハイカーです。
 山頂付近に幕営予定。
10:20 今日は土曜日。午前2時頃に着いたら、既に満車状態になったそうです。数えたら35台。  銀山平キャンプ場組合が経営している「かもしかの湯」500円/無制限 源泉掛流し 食事・温泉・昼寝で、3時間ほど休みました。025-795-2448

登山道脇の花々
山頂や湿原の花々



 
 ハイキング後記   
 
   平ケ岳は、軽装でも往路7時間・復路5時間と紹介されていたので、とても日帰りは強行過ぎる。まして、山頂や
  湿原でまったりする時間が含まれていない。

   情報収集のため幾つかのホームページを見ると、「長時間で疲れた。」「二度と行きたくない。」が多かった。
   日本百名山は、標高の高さだけでなく、山容や植物などの美しさを、総合的に評価して決められていると聞く。折
  角の百名山なので、良い思い出になるような山行を計画した。

   往路では、5人のハイカーと会ったが、いずれも下山してしまったので、平ケ岳は独り占めであった。
   そして、姫ノ池からの夕陽は想像以上の美しさだった。今度は秋に来よう。きっと登山道脇にあったナナカマドが綺
  麗だろう。
 
 
 
 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録