新潟県南魚沼市 威守松山(いもりまつやま 1,214m)
                                                                     
トップページ
                                            
2017.03.12 (日) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 4時間15分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(2:21)⇒威守松山山頂⇒(1:19)⇒駐車場

 往路 2時間21分
 復路 1時間19分
 行動時間  3時間40分
 実時間  駐車場7:15 〜 駐車場 10:55

         拡大写真

駐車場所〜威守松山
車は、除雪最終場所でUターンし、橋の上(MC 971 096 306 )に停めました。路上駐車ですが、10台程。さて、身支度して歩き始めます。
 
R291から脇道に入ると、すぐに清水バス停留場が有ります。融雪水の下が凍っていたため、尻餅をついてしまいました。前回は、バス停の裏から登りましたが、雪が多過ぎて取り付けません。少し回り込んで、少ない民家の裏から上がりました。開けた平坦な雪原を、先行者のトレースに従って進みます。
 
巻機権現社からは斜面となり、人工林を過ぎると間もなくして鉄塔と大神宮様が現れます。ここからは、分かり易い威守松尾根を登りつめて行きます。急斜面は鉄塔が立つ後山まで続き、ブナ林がまばらになると右手が開け、白い山並みの間から峻険な大源太山が見えます。南面はセッピの発達した尾根となり、正面にはドーム型の威守松山が見え始め、わずか登ると送電線鉄塔の立つ後山に着きます。
 
後山からは、北の巻機山、南の谷川岳連峰が素晴らしい。しばらくは穏やかな起伏が続きますが、次第に急斜面となります。急斜面に我慢しきれなくなるとスノーシューとストックを諦め、アイゼンとピッケルに替えます。山頂直下は、更に急斜面となります。堪らず左に巻き、最後は一気に山頂まで登ります。トレースを使わせて頂いて何ですが、トップの山ガールは、コース取り・体力・登山経験など素晴らしい方でした。有難うございました。
威守松山山頂からは、巻機山、朝日岳、大源太山、苗場山、妙高山、火打山など、名前の知られている山々が望めます。360度の展望は、期待どおり大満足です。
 
威守松山〜駐車場所
復路は、落としたメガネケースとメガネを探すため、トレースに従って往路を戻りました。後山を過ぎたところで、目立つピンクのメガネケースは有りました。サングラスと交換して、間もなくの位置でした。又、気を付けなければと思いつつ、吹き溜まりなどに何度も腰辺りまで落ちてしまいました。学習能力に欠けています。

 
 拡大写真もご覧下さい。


 7:15 駐車場発
 除雪最終地点でUターンし、橋の上に駐車
 国道より、右折します。  7:18 清水バス停
 この写真を撮影後、凍った路面で転倒。融雪水の下が、凍っているとは思いませんでした。
 7:20 登山口
 雪の少ないところでも、2mは有ります。
 雪原は鉄塔を目指して、直進出来ます。
 7:30 巻機権現社
 折角ですから、手を合わせます・・・裏からですが。
 
 同社の裏手を登ります。
 力強いトレースを、使わさせて頂きます。
 7:35 鳥居
 豪雪が窺えます。
 7:38 鉄塔
 手前は、ちょっと急斜面。
 
 7:43 大神宮様
 折角ですから、手を合わせます。
 これより、尾根を登り詰めて行きます。
 これぞ、積雪期の尾根歩きです。
 先行者のトレースを追います。  開けた尾根から、威守松山
 8:20 鉄塔のある後山
 好展望に、一本入れました。
 同、巻機山(右)  高度を上げると、次第に急斜面になってきます。
 9:16 急斜面のため、アイゼンとピッケルに替えます。スノーシューは、重いのでデポします。  最後の急斜面  右手には、朝日岳(左)、七ツ小屋山、大源太山(鋭鋒)
 9:36 威守松山山頂
 頂きに立つ、新潟県の山ガール
 同、谷川連峰(鞍部は蓬峠)  同、巻機山
 同、眼下に六日町  同、巻機山  同、眼下に松の尾根、後景は柄沢山。好展望を見ながら、山ごはん。
 さて、往路を下山します。
 10:24 後山  10:50 登山口  国道より、威守松山
 10:55 駐車場着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録