群馬県みどり市 前袈裟丸山大岩からアカヤシオの尾根を辿る) 1,878m
                                                                                            
                                                           トップページ
山頂の位置       参考ホームページ 参考にしたガイドブック等        日帰り温泉
マピオンの地図 気ままな男の山歩き   2011.05.14 山と高原地図  20 赤城・皇海・筑波 水沼駅温泉センター   600円
   
2012.05.13 (日) 晴れ    単独 

「気ままな男の山歩き」の赤城さんの記録が、とても分り易く参考にいたしました。
忠実に辿るつもりが、展望に気をとられて作業道を進み過ぎました。相変わらずの道誤りです。
なお、往路は一般登山道ではありません。道標は無く道型の薄いところもあり、ルートファイティングが求められます。

 歩行時間 計 5時間02分 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(1:05)⇒大岩⇒(1:45)⇒前袈裟丸山⇒(2)⇒好展望地⇒(2)⇒前袈裟丸山⇒(43)⇒小丸山⇒(50)⇒展望台⇒(35)⇒駐車場

往路 2時間52分   復路 2時間10分
 行動時間 5時間45分
 実時間  駐車場5:00 〜 駐車場10:45


         拡大写真

駐車場〜大岩(仮称)
折場登山口には、20台ほど停められる駐車場が有ります。トイレも有ります。早朝にも関わらず、既に5台が停まっていました。身支度して歩き始めます。

駐車場から林道を歩き、折場橋へ向かいます。途中に20台ほど停められそうなスペースが有ります。折場橋の手前を右に入り、道型に沿ってヒライデ沢の左岸を進みます。三つ目の堰堤の所を、踏み跡に従い右へ高巻き、小ヒークに上がります。

小ピークから、北方向に下ると笹原の鞍部になります。鞍部から、笹の斜面を小さな沢に向かって左(北)へ下ります。沢を渡り、対岸の尾根に登ります。尾根を超えると眼下にヒライデ沢が見えますので、適当な斜面を下り渡渉します。渡渉後、獣道を使って、ススキ原を抜けて、西の尾根に這い上がります。

尾根を、右折すれば作業道、先ずは左折(南)して大岩に向かいます。大岩との分岐を直進してP1,317に寄りましたが、枯れ木などで展望は効きませんでした。息を整え、分岐まで少し戻って、一本松のある大岩に着きました。

アカヤシオの木は、尾根、P1,317、大岩の周辺に沢山有りますが、ピークが過ぎ花は落ちていました。大岩の急斜面に咲いているアカヤシオがありましたので、カメラに収めて前袈裟丸山に向かいます。

大岩(仮称)〜前袈裟丸山
踏み後の濃い尾根を北上すると、間もなくして作業道が現れます。整備された作業道から、振り返って大岩や対峙する弓の手コースを眺めていたら、取り付く尾根を見逃してしまいました。作業道を少し戻って、適当な所から尾根を目指して、笹薮を登りました。

尾根は、笹に覆われていますが、薄い道型が出来ていて分り易いです。アカヤシオは、高度を上げると蕾が多くなります。一週間ほど、時期が早かったですかね。それでも、日当たりの良い斜面には、綺麗な色合いで咲いていました。

尾根を上へと進み、コメツガの大木を過ぎると、一度鞍部に降ります。鞍部には、笠と書かれた標柱があり、東西の展望が開けています。西方向に、裾野の長い赤城山が見えました。

最後の急斜面は、腰から胸までの笹薮を漕ぐようにして登りました。一般登山道に合流すると、間もなくして前袈裟丸山に到着です。山頂には、先行のハイカーが一人だけ。まだ早い時間でした。山頂より少し先に進むと、好展望の休憩場所があります。バッグを下ろして山ごはんです。後袈裟丸、奥袈裟丸、皇海山、日光白根山などが見えました。

前袈裟丸山〜駐車場
復路は、一般登山道を下りました。アカヤシオの開花状況は、登山口に近い辺りは適期ですが、展望台より高いところでは蕾が多いです。全体的に、一週間ほど早いでしょうか。展望台や賽の河原周辺は見頃でした。

 
拡大写真もご覧下さい。


5:00 駐車場発(折場登山口)
 早朝にも関わらず、既に5台停まっていました。
 20台ほど停められる駐車場。トイレ有り。
 林道を進むと、左側に20台ほど停められる駐車スペースが有りました。折場橋の手前を、右に入ります。
 正面に、大岩が見えます。沢の左岸を進みます。
 三つ目の堰堤を、右に高巻き、小ピークに上がります。

 小ピークから、一本松の大岩。  小ピークを下り、笹原の鞍部から、左へ斜めに下ります。  小さな沢を渡ります。


 笹原を振り返ります。二筋の道型が見えます。右手から、しっかりとした道型があります。尾根を高巻かずに来られるのでしょうか?渡渉後、再び小尾根に上ります。  小尾根から見下ろすと、眼下にヒライデ沢があります。この辺りで、ストックの先を紛失。戻って探しましたが、見つかりませんでした・・・とほほ。  ヒライデ沢を渡り、再々度小尾根に上ります。


 尾根を左折して、P1,317へ寄ります。
 ピークは、枯れ木で一部しか開けていません。
 P1,317から、一本松の大岩を望みます。
 朝陽で逆光です。少し戻って、大岩に向かいます。
6:05 一本松の大岩
 急斜面にアカヤシオが咲いています。

 尾根を上へと上ります。  間もなくして作業道に出合います。  作業道から、振り返って大岩。


 作業道を、良い調子で進み過ぎました。
 少し戻って、笹薮を尾根を目指して上ります。
 尾根に登り上がりました。
 笹の中の薄い道型です。
 咲いているアカヤシオを撮りましたが、多くは蕾でした。

7:00 笠の標柱がある鞍部
 笹原の向こうに、前袈裟丸山が見えます。
 左手には、赤城山。  花と蕾が半々ですかね。


 全部蕾です。  ピークから前袈裟丸山。  右手には、男体山。


 鞍部に下りると、笠と書かれた標柱がありました。
 左のピークが、前袈裟丸山です。
 一般登山道に合流する地点へ、最後の急斜面です。
高い笹は、胸までありました。
7:50 前袈裟丸山山頂
 合流後、ほんの僅かで山頂に着きました。

7:52-8:35 好展望地  山頂の先に、好展望の場所があります。山ごはんを食べ休憩です。
 左から、後袈裟、奥袈裟、皇海山、雪の日光白根山。
8:37 前袈裟丸山山頂に戻る。
9:20 小丸山
 アカヤシオは蕾状態。花を撮らずに、山々を撮っているハイカー達。
 大きな蕾。出番は、もう少しです。 10:05 賽の河原
 携帯電話で撮影。
 これくらい咲かないとね。


10:10 展望台
 周辺は、結構咲いていました。
 正面のこんもりしたピークが、一本松のある大岩です。 10:45 駐車場着
 沢山の車が路上駐車しています。




「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録