新潟県南魚沼市 巻機山(まきはたやま 1,967m)
                                                                     
トップページ
                                            
2016.10.14 (金) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 6時間10分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(3:15)⇒巻機山最高地点⇒(2:55)⇒駐車場

 往路 3時間15分
 復路 2時間55分
 行動時間  6時間10分
 実時間  駐車場 7:00 〜 駐車場 13:10

         拡大写真

駐車場〜巻機山最高地点
車は、桜坂駐車場(MC 971 127 169)に停めました。60台程、有料(1日500円)、トイレ、水場有り、第2・3駐車場有り。出発時、第1駐車場は、8割程停まっていました。久しぶりの晴天なので、混んでいます。第2・3は空いていました。さて、身支度して歩き始めます。

駐車場の奥が登山口となり、登山届の箱が設置されています。林道を進むと、二合目となる分岐が有り右折します。ヌクビ沢天狗尾根コースは危険のため、入山が禁止。道は、先日の雨により、滑って登り難いです。この辺りのブナ林は、まだ色付いていません。五合目で一時展望が開け、ニセ巻機山を見ることが出来ます。又、五合目を過ぎると木々の葉は、良い感じに赤や黄色に染まり始めます。

七合目を過ぎると森林限界となり、前方にニセ巻機山、右手に、米子頭山の稜線、振り返っては辿って来た尾根が見えます。高度を上げ八合目を過ぎると、木の階段が現れます。右手に、巻機山を見ながら進むと、九合目であるニセ巻機山に着きます。

九合目から一度下ると避難小屋、再び登り上がると巻機山山頂です。しかし、巻機山の最高地点は、更に先へ進んだところに有ります。先ずは、バッグと腰を降ろして山ごはんにします。展望を満喫しながらの山ごはんは、いつもながらですが美味しいです。山頂から、平行道を少し進むと最高地点へ到着です。ここも、素晴らしい展望です。

巻機山最高地点〜駐車場
復路は、往路を戻りました。六合目には、合目標のところに献花が有りました。遭難により、亡くなられた者がいるのでしょう。道は、太陽により乾燥され、歩き易くなっていました。三合五勺の標柱を過ぎると、間もなくして登山口です。

 拡大写真もご覧下さい。


 7:00 駐車場・登山口発  二合目の分岐
 右へ進みます。
 泥んこ道、滑って登り難い。
 この辺のブナ林は、まだ色付いていません。  7:55 五合目  同、右前方が開かれ、ニセ巻機山
 五合目を過ぎると、次第に紅葉が始まります。  六合目より、左手に割引岳。
 足元には、献花が有りました。
 更に高度を上げ、見上げるとブナの黄葉。
 振り返って、舞子スキー場かな?
 火打山・妙高山遠望。
 見上げると、ニセ巻機山  8:55 七合目
 同、辿って来た尾根  同、右手に米子頭山  同、谷川岳(左)、一ノ倉岳(中)、茂倉岳(右)遠望
 9:20 八合目
 
 九合目直下より、右手に巻機山  9:35 九合目(ニセ巻機山)
 同、割引岳(左)、巻機山  同、最高地点(右のピーク)  木道を一度下ります。
 9:40 下った鞍部に避難小屋
 水場は、少し沢に降りると有り。
 トイレは、中と外に有り。
 池塘には、氷が張っています。  巻機山山頂直下
 10:00 巻機山山頂  同、辿って来た尾根、避難小屋(小さくて見難いでしょう)  同、左より八海山、越後駒ヶ岳、中ノ岳
 先へと進みます。
 最高地点に、登山者が見えます。
 右手に、米子頭山、柄沢山へと続く尾根  10:15 巻機山最高地点
 標識の類は有りません。
 同、巻機山、割引岳
 さて、下山します。
 12:05 六合目
 献花と割引岳
 13:10 登山口・駐車場着

ナナカマド クロマメノキ カエデ オオカメノキ


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録