悪沢岳・赤石岳・聖岳
                                                                                                         
トップページ
参考にしたガイドブック等        日帰り温泉等
山と高原地図 33  日本アルプス総図   日本百名山  下  悪沢岳・赤石岳・聖岳  白樺荘 510円

◆ 駐車場〜椹島 ロッヂや登山小屋に宿泊しないと、無料の送迎バスに乗れません。詳細は、(株)東海フォレストのHP。
   
◆ 聖岳登山口〜駐車場 聖平小屋などの登山小屋や周辺の民宿に宿泊しないと、無料の送迎バスに乗れません。詳細は、井川観光協会(PDFファイル)のHP。
   ※事前予約が必要。

2014.08.23(土)〜26(火) 晴  単独    
赤石岳
歩行時間 行動時間
1日目 5時間30分
駐車場⇒(バス1:00)⇒椹島⇒(5:30)⇒千枚小屋
1日目 
駐車場   6:40 〜 千枚小屋 13:30
2日目 9時間00分
千枚小屋⇒悪沢岳⇒赤石岳⇒百間洞山の家 
2日目 
千枚小屋 4:30 〜 百間洞山の家 13:30
3日目  7時間10分
百間洞山の家⇒聖岳⇒聖平小屋 
3日目 
百間洞山の家 5:20 〜 聖平小屋 12:30
4日目 3時間50分
聖平小屋⇒(3:50)⇒聖岳登山口⇒(バス1:00)⇒駐車場
4日目 
聖平小屋 5:10 〜  駐車場  11:00


 

圏央道が東名まで開通したので、南アルプスへ行ってきました。伊勢崎市から、北関東〜関越〜圏央道〜東名高速・静岡ICまで、3時間20分。静岡ICで降り(新東名を選択し新静岡ICで降りると、市街地を通らない)、R189〜R60を走り畑薙第一ダム夏期臨時駐車場に、12:20着。トイレ休憩を2回入れて、6時間かかりました。無料駐車時場150〜200台。仮設トイレ有。

6時40分、臨時便の受け付けが開始しました。バスに乗車の際、宿泊の前金として「宿泊施設利用券」(3,000円)を購入します。
7時出発、1時間で登山基地となる椹島ロッジに到着。下車すると雨が降り出したので、カッパを着て歩き始めます。

歩き始めてから間もなくして雨は止みましたが、以降、ガスっていて全く展望は有りませんでした。テンション下がりっぱなしです。カメラは壊れるのを心配し、バッグに仕舞いましたので写真は有りません。ですから、報告するものが有りません。本ルートの紹介は、他の記録を参考にしてください。(相互リンク「あにねこ登山日誌」)

下山後、聖岳登山口から井川観光協会の送迎バスに乗車するためには、事前予約が必要です。席が空いていれば予約なしでも乗れます。


2日目 悪沢岳
東岳は、霧と強風でカメラを出せませんでした。
2日目 赤石岳 3日目 聖岳
1日目の宿 千枚小屋
土曜日なのに、2階部分は空いていました。
富士山が、で〜んと正面に見えます。
夕食は、鶏肉のトマトソース煮など
トイレは別棟なので、快適空間。
シュラフ・毛布1枚/1人。
2日目の宿 百間洞(ぼら)山の家
宿泊客少なく、ガラガラでした。
夕食は、トンカツなど
水場、自炊場、トイレは小屋内。翌朝は雨だったので、濡れずに済みました。
シュラフ・毛布3枚/1人。暖かくて最高でした。
3日目の宿 聖平小屋
受け付け直後の小屋内、ガラガラガラ。
夕食は、イワナの甘露煮、大量のトン汁など
ウエルカム・サービスのフルーツポンチが、疲れた体に有り難かったです。トイレは別棟。
シュラフ/1人。又、シュラフ持参で1,000円引き。

マルバダケブキ チングルマ シシウド イワベンケイ
ヨツバシオガマ シロバナタカネビランジ ダイコンソウ トリカブト

百閨@→ 百間

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録