栃木県那須塩原市 三本槍岳 1,917茶臼岳 1,897m・朝日岳 1,896
                                                                                            

山頂の位置 参考にしたホームページ 山行日  参考にしたガイドブック等   日帰り温泉
マピオンの地図 ハイトスの里山山行日記 2009.10.25  山と高原地図 12 那須・塩原   
 
       
2010.10.16 (土) 天候 晴れ 単独   東北自動車道・那須インターで降り、那須町を通って登山口に一番近い県営駐車場に停めた。
 登山口駐車場は一方通行になっている。一方通行となる手前と、ロープウェイ付近にも駐車場がある。
 しかし、登山口まで長く歩かなければならない。
 早着か平日に訪山すると良い。
 
 歩行時間 計 4時間30分 休憩含む
 行動時間と実時間
駐車場⇒(30)⇒峰の茶屋跡避難小屋⇒(30)⇒朝日岳の肩⇒(5)⇒朝日岳⇒(5)⇒朝日岳の肩⇒(50)⇒三本槍岳⇒(50)⇒朝日岳分岐⇒(20)⇒峰の茶屋跡避難小屋⇒
(25)⇒茶臼岳⇒(25)⇒峰の茶屋跡避難小屋⇒(30)⇒
駐車場
 行動時間 5時間00分
 実時間  駐車場5:30 〜 駐車場10:30

5:30駐車場発 駐車場に着いたら9割程埋まっていました。5時には満車となりました。下山時には、路上駐車がロープウェイの発着場まで続いていました。  駐車場奥が登山口です。登山道は、百名山の為多くのハイカーが来山するため、良く整備されています。色づいた葉を愛でながら高度を増して行きます。  右手に朝日岳を見ながら登っていきます。支尾根は、ドンピシャの紅葉ですね。沢山のカメラマンがヘッデンを着けて登って行きました。
6:00峰の茶屋跡避難小屋 強風が凄い。樹木が無く、風の通り道なんでしょう。兎に角、吹き飛ばされないよう足を踏ん張ります。正面は、剣が峰です。   剣が峰の右を巻きます。風が当たらないので、今度は暑いです。ススキ、ナナカマドなどが色づいています。
 正面は、朝日岳です。
 剣が峰を過ぎたら、今度は左に巻きます。正面の岩(崖?)を巻くときは、鎖があります。でも掴まらなくても通れました。ただ強風には注意が必要です。
 剣が峰を過ぎたところで後ろを振り返ると、茶臼岳が噴煙を出して聳えていました。茶臼岳には、復路に寄ります。  正面に見えるのが三本槍岳です。
 剣が峰から朝日岳の肩までは、風がモロに当たるので寒い上にバランスを崩し易いので、ゆっくり歩きます。
6:30朝日岳の肩 朝日岳への分岐に乗り上げました。朝日岳に寄ります。写真は、三本槍方面。1,900mのピークです。 
6:35朝日岳山頂には、早朝出発したカメラマンが茶臼岳を撮影していました。やはり風が強く、立っていられないほどでした。  山頂直下で茶臼岳を撮りました。  朝日岳の肩から1,900mのピークに続く登山道が見えます。一度下って登り返します。
7:00清水平 1,900mのピークを越えると木道が設置されている清水平となります。大きな稜線です。草紅葉とハイマツのコントラストが美しい。  北温泉への分岐から三本槍岳を望みます。槍というイメージは無いですね。優しい頂です。  尾根の向こうには、須立山が見えます。最初、あの鋭鋒が三本槍岳だと思っていました。
7:30〜三本槍岳山頂です。流石(ながれいし)山、大倉山、三倉山の連峰です。福島県に抜けられる登山道です。一度歩いてみたい稜線ですね。  稜線の先には巣立山です。こちにも福島県へと縦走出来ます。 〜7:45 山頂にある方位盤です。風が強くて寒いので、少休憩して下山することにしました。地図を広げたら、バタバタと破けそうでした。
 北温泉分岐を過ぎたところで、三本槍岳を振り返って撮りました。  次々とハイカーが登ってきます。
 正面は、茶臼岳です。
剣が峰の向こうに茶臼岳が見えます。茶臼岳を巻くように登山道が見えます。 8:55峰の茶屋跡避難小屋に着き、茶臼岳に登ります。
9:20〜9:35茶臼岳山頂には、ロープウェイで来たハイカーが沢山いました。南月山(みなみがっさん)へと続く稜線です。気持が良い森林限界の稜線です。  茶臼岳の下山途中から、朝日岳や三本槍岳を撮りました。眼下には噴煙が無数に出ていました・・・陰になっているところです。  更に下って、避難小屋近くで噴煙の茶臼岳を撮りました。ガレていて歩き難かったです。
 やはり避難小屋の手前から、朝日岳と支尾根を覆っている紅葉の衣装です。綺麗でした。 10:00峰の茶避跡難小屋を発ち、下山途中でナナカマド越しに朝日岳の支尾根を撮りました。  これまで風が当たっていましたが、樹林に入ると暑いくらい。10:30駐車場に到着。駐車場は満車でした。


 
 ハイキング後記   
 
  紅葉シーズンなので仕方ないか。
  登山口に一番近い駐車場には4時に着いたが、既に9割ほど埋まっていた。そして、5時頃には満車になって
 しまった。その後に到着した車は、道路脇に路駐していく。下山後、車を走らせながら確認すると、延々とロープ
 ウエイの発着駅近くまで続いていた。
  又、何箇所かある駐車場に向かって大渋滞をしていた。

  蕎麦屋も日帰り温泉も、駐車場には沢山の車が有ったので寄らずに帰ることにした。汗はかかなかったし。
  下り斜線の高速道路の渋滞を横目に見ながら、13時過ぎには帰宅した。
   



「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 点線は加筆です。
 
前回の山行 トップページ 次回の山行 ハイキング記録