長野県安曇野郡白馬村 小日向山(おびなたやま 1,907m)
                                                                トップページ

山頂の位置 参考ホームページ       参考にしたガドブック等 日帰り温泉
マピオンの地図 セフコの森  2012.05.13 花・鳥・岳・人 山歩き「信州山岳ガイド」 小日向山 おびなたの湯 500円
   
2013.05.12 (日) 晴れ 単独 
歩行時間 計 3時間20  行動時間 4時間10分
駐車場⇒(2:15)⇒小日向山山頂⇒(1:05)⇒駐車場   
 
往路 2時間15分   復路 1時間05分
 
鑓温泉分岐から下山時の駐車場まで、アイゼン着用でした。ベテランは、ツボ足で大丈夫でしょう。
  実時間  駐車場4:50 〜 駐車場9:00


         拡大写真

駐車場〜小日向山山頂
信州そばを食べ第一郷の湯(500円)に浸かって、猿倉荘前の駐車場に移動して車中泊です。ビールと日本酒を飲み早々に寝たら、アラームが鳴る前の3時に目が覚めてしまいました。ゆっくりと朝ごはんを食べ、辺りが明るくなったので歩き始めます。
 
猿倉荘の脇から、白馬岳への林道を進みます。道は、残雪のため道が判然としません。適当にショートカットしますが、危うく鑓温泉の分岐を通り過ぎるところでした。ここで林道と分け、中山沢と長走沢に挟まれた尾根筋に入ります。尾根は、ブナの大木が林立する急斜面です。急斜面を抜けると猿倉平となり、展望が良くなります。
 
ブナが疎らになると、猿倉平も上部になります。小日向のコルへは左方向に登りますが、ショートカット出来そうなので、更に左手を目指しました。腐った雪の急斜面に、足元が流されるのに注意しながら稜線に上がります。稜線からは、白馬鑓ヶ岳と杓子岳がどーんと大きく間近に見えます。展望が良く休憩するのに適地ですが、休まず稜線を左折して山頂へ向かいます。
 
稜線からほどなくして、小日向山山頂に辿り着きます。山頂は、360度の大パノラマです。白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳が目の前に聳え立ち、火打山、妙高山、高妻山、八ヶ岳、南アルプスなどが遠望出来ました。誰も来ない広い山頂でシートを広げて、まったりと展望を満喫しました。
 
小日向山山頂〜駐車場
復路は、往路を戻ります。下山途中では多くの山スキーヤーと擦れ違いましたが、山屋はいませんでした。皆さん山スキーで、鑓温泉方向を目指しているようです。下山後は、おびなたの湯で汗を流して帰宅しました。
 
拡大写真もご覧下さい。


 4:50  駐車場発(下山時撮影)
 猿倉荘前には、バスの転回スペースを残して、10台ほど停められます。 
 猿倉荘脇から残雪の林道  鑓温泉と白馬尻への分岐
  左手には、小日向山 
 
 
 右手には、白馬尻への登山道  ブナ林の急斜面
 斜面が緩くなると好展望
 雲が次第に退いていく。いいぞいいぞ!
  
 猿倉平
 左は白馬鑓ヶ岳、右は杓子岳。
 左手のコルへ向かわず、更に左のブナ尾根へ向かいます。
 尾根に乗ります。
 
 
 尾根をつめて、更に左手へとショートカット
 右の矢印は小日向のコルへ
 ショートカットは急斜面
 
 辿って来た尾根の先には高妻山
 
 
 更に、急斜面ですが大丈夫、問題無し。  稜線に上がりました。
 左上のピークの右を、目指します。
 振り返って、小日向のコル、杓子岳、白馬鑓ヶ岳(左)  う〜ん、良い感じ。
 
 山頂直下・・・と思いきや  更に、先がありました。
 左から回り込みます。
 7:05-7:55 小日向山山頂
 広い山頂、白馬鑓ヶ岳、杓子岳(左)
 
 
 同、白馬岳  同、火打山、妙高山遠望
 同、高妻山(中央)
 
 
 同、金峰山方向  同、八方尾根
 同、唐松岳、不帰キレット
 
 
 同、左から白馬鑓ヶ岳、杓子岳、白馬岳  鑓ヶ岳と白馬岳を手中に収める。 
 さて、下山します。
 小日向のコルへ向かって、急斜面を登るスキーヤー
  
 猿倉平へ向かう。「こんにちは」と声をかけると「おはようございます」と返ってきました。  振り返って、ブナ林。
 鑓温泉の分岐
 
 
 大駐車場は、8割ほど停まっています。
 あらら、降り立ったところは大駐車場。
 9:00 駐車場着
 南股川にかかる二股橋から
 おびなたの湯 500円
 
 
 タンポポ咲く白馬村  桜咲く白馬村
 
カタクリ、アズマイチゲ、シダが道路脇に咲いていました
  
    

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録