三重県大台町 大台ヶ原山(おおだいがはらやま 1,695m)
                                                                     
トップページ
                                            
2015.05.04 (月) 小雨 単独 
 歩行時間 計 3時間20分 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(45)⇒日出ヶ岳⇒(2:35)⇒駐車場

往路 45分(日出ヶ岳まで)
復路 2時間35分
 行動時間 3時間20分
 実時間  駐車場 5:20 〜 駐車場08:40


        

駐車場〜日出ヶ岳山頂
車は、大台ケ原駐車場(MC 747-041-299 無料、食堂・水洗トイレ有り)に、前日から停めています。一晩中降っていた雨は、朝になっても止みません。最初から、雨具を着てスタートするのは、やはり気分は重いです。下山後、バッグやカッパなど濡れたものを置けるようにと、車内にビニールシートを広げて歩き始めます。

ビジターセンター左手の登山口から入り、東大台周遊コースを歩きます。笹やコメツガに囲まれた静かな道を進むと、展望三叉路に着きます。好展望と言われてますが、生憎の霧では何も見えません。左折して、日出ヶ岳を目指します。木道や木の階段が現れ、短時間で日出ヶ岳山頂。山頂には風を遮る木々は無く、強風と雨でとても寒い。早々に退散します。

日出ヶ岳山頂〜駐車場
復路は、展望三叉路を南進し、正木ヶ原、尾鷲辻、牛石ヶ原を経て大蛇ーを目指します。道の脇に設置されている案内板や動植物の解説板を、いつも以上にじっくり見ながら足を進めます。大蛇ーには、転落防止用と思える柵が設置されていました。勿論、展望は有りません。

シオカラ谷の吊橋を渡ると、これまでの下りの帳尻を合わせるかのように登りが待っていました。最後まで霧が晴れることなく、駐車場に戻りました。下山後は、剣山へ移動します。大阪の市街地で事故渋滞が有りましたが、後はスムーズに移動出来ました。鳴門海峡の渦には感動しました。つるぎの宿・岩戸(400円)で温泉に入り、16:30剣山見ノ越駐車場に到着。

 


 5:20 駐車場発
 車中で待っていましたが、一向に好転しませんので仕方なく雨具を着て、歩き始めます。
 誰も歩いていません。  展望三叉路を左折し、木の階段を登れば、
 6:05 日出ヶ岳山頂
 展望台には、本来見える景色のパネルが有りました。
 こちらは、西の景色。  尾鷲辻の東屋にて
 苔むした原生林に戻す対策をしていますが、一度壊れた自然はなかなか困難ですね。  牛石ヶ原  同、神武天皇像
 何も見えませんよ。
 大蛇ーへの分岐から入ると、シャクナゲが多く生えています。  7:30 大蛇ー
 滑るし見えないし、先端には行きません。
 分岐に戻り、シオカラ谷へ下ります。
 下り始めると、沢山のシャクナゲが有りました。
 丈夫な吊橋  吊橋を渡ると、駐車場まで登りの連続。  8:40 駐車場着
 土産店の脇に出ました。


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録