奈良県上北山村 大峰山(おおみねさん 1,915m)
                                                                     
トップページ
                                            
2015.05.03 (日) 曇・小雨 単独 
 歩行時間 計 6時間30分 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(3:30)⇒八経ケ岳⇒(3:00)⇒駐車場

往路 3時間30分   復路 3時間00分
 行動時間 6時間30分
 実時間  駐車場 5:15 〜 駐車場11:45


        

駐車場〜八経ヶ岳山頂
5月2日 
0:40自宅発〜10:30大峰山・行者還トンネル東口着(MC 439-054-757)。トンネルの西口には、広い駐車場が有ります。しかし、この時間では登山口付近には空きが有りません。又、2日分の駐車料金を払うのも嫌なので、トンネルの東口に停めました。トンネル脇から湧水有り、無料、10台程停められます。トイレは西口。日陰に車を停め、近くを散策後、飲んで昼寝して時間を潰しました。19:00就寝。

5月3日
法面が崩れているナメゴ林道を進むと、右手に道標が有ります。直進してしまった場合は、尾根の末端から登ります。道は、右上へと登ります。赤いビニールテープが沢山着いているので、道迷いの心配はありません。静かな新緑の中、徐々に高度を上げて行きます。

トンネル西口からの分岐に着くと、沢山のハイカーが休憩しています。以後、前後にハイカーが見えないことはありませんでした。緩やかに賑やかに登り、やがて霧の中の弥山小屋に着きました。弥山山頂は少し先の社です。手を合わせて祈願し、先ほどの弥山小屋に戻ります。

弥山小屋から南下し、一度下り再び登り上がれば八経ヶ岳山頂。やはり雨のため展望は有りません。振り返ると、弥山がぼんやりとシルエットが分かる程度。狭い山頂が混んできたので、先ほどの弥山小屋に戻り山ごはんにしました。

八経ヶ岳山頂〜駐車場
復路は、往路を戻りました。下山後は、大台ケ原山へと移動です。
13:00大台ケ原山駐車場着。雨と霧で散策する気分も無く、酒を飲んで昼寝して、20:00就寝。


 5:15 駐車場発(前日撮影)
 行者還トンネル東口、路肩の空きスペースに10台程。
 ナメゴ林道より、大台ケ原山(前日撮影)  同、大台ケ原山から朝日が上がります。
 林道ナメゴ線を2〜3分歩くと、
 右手に道標。右上へと登ります。  沢山の赤いビニールテープ
 こちらのコースは、静かな新緑の山歩きが楽しめます。  尾根で旧道と合流後は、急斜面が続きます。  左手には、縦走路の尾根
 カラフルな親子ハイカー。もの凄い速さで登って行きます。  行者還岳からの合流地  良い感じの尾根歩き
 右手に、行者還岳  正面に、弥山が見え始める。  道の脇には、沢山のコバイケイソウ
 行者還トンネル西口からの合流地。
 これからは、賑やかな登山となります。
 聖宝理源大師のブロンズ像  苔むした原生林が現れ、
 植物を保護するための木道を辿れば、  8:00 弥山小屋に到着
 弥山山頂は、もう少し先。
   
 8:15 弥山山頂
 展望無し。先ほどの弥山小屋に戻り、八経ヶ岳へ向かいます。
 8:45 八経ケ岳山頂  同、ぼんやりと弥山
 さて、下山しましょう。
 11:45 駐車場着
 下山後、上北山温泉「薬師湯」500円で汗を流し、柿の葉寿司(中は鯖寿司350円)を購入。


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録