群馬県東吾妻町・岩櫃山(いわびつやま) 795m
                                                         

    2006.9.30 天候晴れ 単独山行     

     平沢登山口⇒頂上
     頂上⇒蜜岩登山口
     蜜岩登山口⇒赤岩通り⇒頂上
     頂上⇒平沢登山口        4本のルートを歩いた、と言うより、頂上を2往復したことになります。

     山のスケールは小さいが、ちょっとした冒険気分を味わうことか出来ます。この山の特徴は、切り立った頂上からの展望は、アニメの「天空の城ラピュタ」のような風景を
     感じさせてくれます。又、僕が行った時期は「ミョウガ」が沢山出ている季節だったので、山の幸を少し分けていただきました。

 駐車場は、15台は停められます。トイレは奥です。  登山口にある休憩所です。いろんなパンフレットが置いてありました。  登り始めは、緩やかな山道です。
 途中、沢伝いに、クサリを使い頂上を目指します。
 頂上には、クサリに看板が括りつけてありました。  これは、杭に打ち付けてあった看板です。
 岩櫃山の手前にある「岩峰」です。
 まさに、空を飛んでいる感じ。  眼下に見える家並み。  遠くを見渡せば、う〜ん。何ていう山なんだろう?  ふもとから見上げる岩櫃山
 岩峰から望む岩櫃山。
 蜜岩通りを経て、下山しました。  しかし、時間があるので、又山頂に行き、本丸跡を経由して、駐車場に戻りました。  ふもとのの「マンジュシャゲ」又の名を「彼岸花」とも言いますね。  歩きながら頂いた山の幸です。


前回の山行  次回の山行 ハイキング記録