群馬県嬬恋村・黒斑山(2,404)蛇骨岳(2,366)仙人岳( 2,319)鋸岳(2,254)
                                                          

   2007.6.2 天候曇りのち晴れ 単独山行 

    車坂登山口⇒(1:40)⇒トーミの頭⇒(20)⇒黒斑山⇒(30)⇒蛇骨岳⇒(30)⇒仙人岳⇒(20)⇒鋸岳     3時間20分
    鋸岳⇒(20)⇒仙人岳⇒(30)⇒蛇骨岳⇒(30)⇒黒斑山⇒(15)⇒トーミの頭⇒(1:10)⇒車坂登山口     2時間45分

    7:05スタート〜12:05下山 実行動タイム(休憩と昼食含む)

 高峰高原ホテルの駐車場に停めさせて頂きました。  道路反対側が登山口。既に、標高が1973mあります。  さて、中コースもありますが、ポピラーな表コースに登ってみましょう。  登り始めは、大小の岩の間を通って行きます。  少しガスってきました。本来なら、小諸市内が見えるのに・・・
 気温10度のうえ、風があったので手が寒い。手袋を着用しました。  避難小屋。浅間山は、現在活火山なので、緊急避難用でしょう。  トーミの頭付近になったなら、霧が更に濃くなってきました。  トーミの頭から、黒斑山方面を望みます。  しばらく休憩をしていると、霧が晴れてきた。松本市のベテランハイカーです
 浅間を壁のように囲む外輪山群です。まるで、水墨画のようです。  濃緑の針葉樹、赤土の黒い岩がコントラストを見せています。  標高2,404m、黒斑山の山頂です。
 見れば分かるってか?
 この夫婦は、浅間山が見たくてきたそうです。しばらく、霧が晴れるのを待つそうです。  登山道は歩きやすくて疲れない。景色を堪能しながら歩きましょう。
 日陰の登山道には、残雪がありました。標高の高さを実感します。
 標高2,366m、蛇骨岳の山頂です。
 見れば分かるってか? 
 はい・はい!
 Jバンドを経て、賽の河原に行けます。  賽の河原を眼下にしながら、仙人岳に進みます。  標高2,319m、仙人岳の山頂です。
 見れば分かるってか? 
 はい・はい・はいな!
 鋸岳を望みます。鋸岳山頂には、標識がありませんでした。
 四阿山、田代湖が見えます。いつかは、四阿山も登りたいものです。  復路の時間帯は、団体さんの登山となりました。  歩き易かったです〜。  またまた団体さんです〜。

 
 ハイキング後記

  高峰高原ホテルの駐車場に車を停め、車坂峠登山口から登り始めた。登山道の右手は、小諸方面の展望が良いのだが、ガスっていて全く見えない。ただ黙々と登りつめた。
本来なら、トーミの頭からは、浅間山が、で〜んと構えて見えるらしい?
しかし、白一色である。

  ガスって見えないトーミの頭で、長野県から来たベテランハイカーと、岩に腰を下ろして山談話をしていた。その時、夫婦ハイカーが、断崖絶壁に面しているところを歩いている。登山道でない肩幅ほどの踏み後だ。急いで声を掛けた。
踏み外せば死亡事故となっただろう。知らないとは怖いもの無しだ。

  トーミの頭〜黒斑山〜蛇骨岳〜仙人岳〜鋸岳への足を延ばした。
途中からは霧も晴れて、写真のとおり見事な展望。
復路で、改めてトーミの頭から崖下を覗き込むと、背筋がぞっとした。

 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録