三角点
                                                    トップページ
  

 三角点(さんかくてん)とは、三角測量に用いる際に経度、緯度、標高の基準になる点のことです(標高に
ついては、別途、基準となる水準点も存在します)。測量法で定められている測量標の一つであり、永久標識
に分類されます。

 通常、見晴らしの良い場所に設置されるため、高山の山頂付近に設置されている場合が多い。このため、
一等三角点を山頂に持つ山の踏破を目標とする登山愛好者も多い。三角点には、基準となる柱石が設置さ
れています。
設置・管理体制
 三角点の設置・管理は、太平洋戦争以前は主に陸軍参謀本部
陸地測量部が、戦後は国土交通省国土地理院が行っています。
 一定の期間毎に三角点同士の再測量(レーザー測量など)が行
われ、精度が維持されてます。

 柱石の破壊など機能を損ねる行為をする者は、測量法の規定に
より2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処せられます。
 柱石は、花崗岩など硬い素材の石が用いられる。石の頂部には
十字の切り込みが入れてあります。

基準点の種類

一等三角点
 ・ 設置間隔は45km、必要に応じて補点が設置される
 ・ 全国に972点
 ・ 柱石の一辺は18cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には
  2枚の盤石も埋設されている

二等三角点
 ・ 設置間隔は8km
 ・ 全国に5056点
 ・ 柱石の一辺は15cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には
  盤石も埋設されている

三等三角点
 ・ 設置間隔は4km
 ・ 全国に32699点
 ・ 柱石の一辺は15cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には
  盤石も埋設されている
 ・ 2万5千分1地形図を作成するための位置の基準としては、以
  上の等級の三角点で充足される

四等三角点
 ・ 設置間隔は2km
 ・ 全国に64557点
 ・ 柱石の一辺は12cm、破壊や破損に備えて、柱石の直下には

盤石も埋設されている
  地籍調査又はこれに相当する調査の測量の基準点として、国
 土交通省土地・水資源局国土調査課の委任を受け、国土地 理
 院が設置するもの






山座同定

 山座同定(さんざどうてい)とは、展望できる山の名称を地図(地
形図)や方位磁針などの使用によって明らかとすることです。

 元は登山用語であり、山頂に立ったときなどに、方位磁針によっ
て正しい方角を割り出し、それを地図上に落として目標となる山岳
の名称を割り出すことを指しました。趣味としての山岳展望が広ま
ると、平地部などから山座同定を楽しむ事例も増加しました。

 山座同定とは逆に、名前が明確に分かっている見えている山をも
とに、自分の位置を地図によって確認することは、山での道迷いに
よる遭難を防止するためには大変重要なことであるのみならず、漁
師や船乗りが海上での位置決定に際して「山立て」と称して同様の
技術を用いています。






山頂の石

  
  山頂で、山ごはんを食べながら足元の小石を拾い、それを持ち帰ってはコーヒーの空き瓶に入れておく。

 きっかけは、富士登山の時である。
  富士山は、遠くで見る雄大で美しい山肌と違い、登ってみると火山礫で出来ている茶色の埃っぽい山であ
った。憧れの女性のように、遠くで見ていたほうが良い場合もある。

  登山道は、軽くて・もろい石で歩きにくい、又、埃が舞うのでマスクやスパッツが必要だった。登りは滑らな
いように、一歩一歩確実に地面を捉えながら歩くのだが、下りでは逆に、飛んだり・滑ったりして下山した。テ
レビで見た富士山の駅伝のようだ。

  六合目の小屋まで下山したところで休憩をした。ふと靴の裏を見ると、小さな石が靴底に挟まっているでは
ないか。随分と根性のある石である。これも何かの縁だ。持ち帰ろう。

  その後、低山ハイキングを楽しむにつれ、山頂の小石を持ち帰っては、ポストイットに日付と山名を記入し
ておく。それが、こんなにも集まってしまった。




コシアブラ


 
こしあぶらの木は冷涼な峰地などを好み、自生地も限定されることや、20メートルほどの高木になることから、たらの芽などとちがい「採取は困難」です。木は柔らかいために一刀彫、郷土玩具材として使われます。
 
 秋の紅葉時には、葉の色が黄色から透明な白色に変り、その姿は秋の紅葉の中でもひときわ美しく映えます。

 こしあぶらの若芽は花が開く「つぼみ葉」のような姿から始まり、少しづつ葉を開き始めます。書道の「筆」状の姿の大きさを「筆葉」と呼んで、最上品となります。葉はまもなく開き始めて、幼少の葉からは想像できない鳥の足状の「大葉柄」となってしまいます。このようになりますともう「こしあぶらの木」を、見つけることは更に困難になってしまいます。
 こしあぶらの木は、低地里山から高山の林地にも自生しており、採取時期は長く、奥山では7月中頃まで採取ができます。里山では山菜が終了しても、高山のこしあぶらは山の雪どけ時まで採取ができます。




ネマガリタケ
(根曲がり竹)


 イネ科のクマザサ属、別名「チシマザサ」「ジタケ」とも呼ばれ、採りたてはとても美味です。高山に分布し「みちのく」の代表的な山菜です。高さは1〜3m、タケノコ自体は10〜20cm位、太さは1〜2cmと小さなタケノコです。
 
 「ねまがりたけ」は身の丈ほどもあります。タケノコを探しながら地を這うようにして採取します。タケの産地は雪が多く、冬には雪に押し倒されてしまいます。雪の重量で折れ曲がっているために「ねまがりたけ」と呼ばれてもいます。
 
 「ねまがりたけ」は、凄い成長力を秘めており一夜でも大きくなります。山村のスタミナ源食品として、山で働く人々はこのタケノコの料理をよく食べ、この時期は病気も少なくなると言われるほどです。





ウルイ=オオバギボウシ(大葉疑宝珠)


 高さは50〜100cmくらいになります。葉は根生葉、形は卵状長楕円形で、葉の長さは30〜40cm、幅は10〜15cmくらいになり、葉柄がつきます。花期は6〜8月で、漏斗型の白色または淡紫色の花をやや下向きにつけます。花軸につく蕾が下部から上部へと開花していきます。


 蕾が、和橋の欄干の擬宝珠に似ているので大葉擬宝珠と言います。他に、湿地に自生する小形のコバギボウシが知られています。

採取 時期は4月下旬〜6月。渓沿いの斜面で採れます。若芽の頃は葉は丸まっているので、茎の根元をナイフで切り採ります。成長すると葉が開きますが、葉の丸まった若芽は、毒草のコバイケイソウにそっくりなので注意しましょう。

料理 洗ってゴミを落とし、はかまが付いているものは取ります。若芽は塩を一つまみ入れ、サッと茹でてお浸しにしたり、味噌汁の具にします。成長した「うるい」は茎だけを使い、お浸しや味噌汁にします。シャキシャキとした歯ごたえとヌメリがとても美味しい山菜です。西洋野菜のようにサラダ感覚でも楽しめます。


コバイケイソウ
コバイケイソウは、高山植物なのでギボウシとは生殖地が違います。しかし、充分気をつけてください





ミヤマイラクサ(深山刺草)


 多年草(イラクサ科ムカゴイラクサ属)、茎は、高さ40〜80cm。茎や葉には刺があり、刺さると痛い。葉は、互生し、柄は長く、葉身は広卵形で長さ6〜15cm、先は尾状に長く伸び、ふちに粗い鋸歯がある。

 「天然あいこ」とも言い、山菜としては珍しくクセのない味で、香りは穏やかです。ジワーッと感じる甘味と、シャキシャキとした軽い歯ざわりと、瑞々しさが特徴で上品な味わいです。

採取 時期は5月〜6月。山地のやや湿った沢沿いなどに生えています。刺があるので、革の手袋等を持参すると良いでしょう。
※刺がある、葉が交互に生えている、茎が赤いことが特徴です。

料理 お浸し、和え物、炒め物、若芽はテンプラが美味しいです。


ヤマフキ ウルイ ワラビ ミズ(左)、ヤマウド(右)