群馬県南牧村・烏帽子岳(えぼしだけ) 1,182m
                                                           

    2007.4.28 天候晴れ 単独山行 

    登山口⇒(70分)⇒コル⇒(10分)⇒山頂               1時間20分
    山頂⇒(15分)⇒マル⇒(5分)⇒郡界尾根⇒(60分)⇒登山口  1時間20分
    10:05スタート  13:15下山

 三ツ岩岳登山口の駐車場から2分。20台は駐車可。
 僕が行ったのが10時だったので駐車場は一杯。路上駐車しました。
 道路脇にある道標です。さあ、登り始めます。  登り始めは、新緑が映える広葉樹の林道を穏やかに登ります。  山道脇の渓流を見ながら進みます。
 地図では「シボツ沢」と書かれています。
 珍しいものを発見。栃の実です。多くは、イノシシやウサギなどの動物に食べられてしまうのです。 春ですね〜。
 マル(郡界尾根)コースと急登コースの分岐点。
 急登コースを登ったが、お奨めはマルコースです。ここを往復するとマルにあるツツジが見られない。
 急登コースを下山するハイカーを撮りました。 
 登るには、三ツ岩岳を登った後だけに、ちょっときつかった。
 急登コースを登りつめたところにあるコルです。
 汗をたっぷりかいたので、休憩を一本入れました。
 コルで休憩のパーティー。昼食の場所を話し合っていました。  稜線の雑木林の間からヤシオツツジが見え始めます。
 ツボミが多いですから、まだこれから楽しめます。
 山頂付近の南面は満開です。全体では、七分咲きでしょうかね。 ツボミも堪能出来ます。  葉が出る前に開花します。  違う枝も撮りましょう。  後続のハイカー。
 甘楽町から来た二人組の女性です。
 烏帽子岳山頂は、360度のパノラマです。たっぷりかいた汗も、薫風により、あっという間になくなってしまいます。  仲の良い夫婦ですこと。
双眼鏡で遠くを見る奥さん。
 バーナーで美味しい昼食を作っていたハイカーです。  山頂は、結構広いです。しかし、団体さんには狭いらしく、コル付近に移動しました。  ご覧のとおり、南牧村や遠くの山々の展望が素晴らしい。
 
 その展望岩で昼食。
 「怖くないですか?」と聞いたら。 「後ろに寝ないから大丈夫」とのこと。怖くないかと聞いているのに〜・・・
 マルに向かうため、巻き道だと思って登っていたら、天狗岩に続く道でした。
 ここから、マルに登りました。
 マルの山頂付近は、七分咲きです。まだまだ、これから楽しめます。
 ここが、駐車場に下る分岐点。しかし、道標がなく直進すると黒川峠(閉鎖されている登山道)に行ってしまう。特に、注意してください。逆コースを勧めます。  倒木を、なでなでしているのではありません。
 倒木を乗り越えているのです。 何本もありますよ。


 
ハイキング後記

 Aカップハイカーとしては、1日に二つの山頂を登るのは、ちょっと辛かったかな。

 三ツ岩岳から下山したのが10時だったので、まだ帰るには早いので、烏帽子にも行ってみようと思った。車で2分もすると烏帽子岳の駐車場。車を停めて歩き出すが、既に体力を消耗しているため、気持ちも消耗している。

 特に、急登に差し掛かった時には、正直帰ろうかと思ったね。そんなにモチベーションは続かないって。 しかし、来ちゃったからね。まっ、行けるところまで行こう。

 気温は高くなり、汗もたっぷり。しかし、山頂に着いら、疲れもみ〜んな取れた。
 360度のパノラマとヤシオツツジの綺麗な花でね。


 夜、風呂上りに女房に、
 「お〜い、ビールをくれ。」とパンツ姿で言うと、
 「あなた、その傷はどうしたの?」と言うではないか。
 
 右足のスネと左腕に擦り傷がある。あれ〜、いつ着いたのだろう。
 疲れていたからな〜・・・

 


前回の山行  次回の山行 ハイキング記録