群馬県下仁田町・四ツ又山(よつまたやま) 899m
                                                            

   2007.4.30 天候晴れ 単独山行   

    大久保登山口⇒(40分)⇒小沢への分岐⇒(30分)⇒山頂  1時間10分
    山頂⇒マメガタ峠⇒大久保登山口                  50分
    7:20スタート  9:23下山
 以前、鹿岳に登った時にも、ここからスタート。資材置き場に停めさせていただきました。路上駐車はこちら  登山口⇒沢伝い⇒杉林を過ぎると、視界が広がり段々畑が見えます。  新緑の雑木林を登って行きます。  登り始めてから40分で到着します。  分岐には、ムラサキヤシオが咲いていましたが、もう散り始めていました。
 「きおつけて楽しい思い出この山で」・・・なるほど・なるほど
 大天狗と刻まれていました。安全を祈願しました。  先ほどの分岐から10分程度。  ここからは、尾根みたいになっていて、樹林の間からヤシオツツジが咲いているのが見えます。  カラマツの間から鹿岳が見えます。一ノ岳の南面には、ヤシオツツジが咲いています。
 登山口から70分で、四ツ又山の山頂に着きました。
 もう少し、休憩を入れながらゆっくり来れば良かったかな。
 山頂は、360度のパノラマです。スペースも結構広いです。
 シートを広げて昼食が楽しみ。
 遠くに見えるは妙義山です。ヤシオツツジは時期を逸してしまいました。
 1週間遅かったかな。
 北面には、まだ残っていました。疲れを癒してくれます。   これから咲くムラサキヤシオのツボミです。でも、多くのムラサキツツジは咲き終わっています。
 北面を覗き込むようにして写真を撮りました。

 険しい岩肌を見せている鹿岳です。一ノ岳の斜面にはピンク色に染まるヤシオツツジが見えます。  マメガタ峠の分岐です。鹿岳には行かず下山することにしました。  杉林を下山します。穏やかな春の陽射しを浴びました。明日の仕事を考え、体力を残して帰りましょう。  大久保地区の川岸に山フキがありました。 細くて調理し難かったけれど、甘くて美味しいかったです。



 ハイキング後記

 一昨日、三ツ岩岳と烏帽子岳を登ったら、足が筋肉痛になってしまった。Aカップハイカーとしては、ちょっとキツカッタかな〜。

 筋肉痛も歩き始めたら痛みが無くなった。これが、ヒザだったら回復も遅いのだろう。しかし、又無理をすれば痛めるだろう。鹿岳は、以前登ったことがあるから、今日は、四ツ又山だけにしよう。

 三連休も終わり、明日は仕事が待っている。体力を残して、早めに帰宅することにした。高速道路も時間帯が早いのでまだ空いていた。

 11時。家に帰ったら
 「あら〜、随分早いのね〜」
 「そうだ、お昼を食べたら、庭の草をむしってね。」

 やっぱ、温泉入ってくれば良かったかな。
 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録