群馬県片品村・日光白根山(にっこうしらねさん) 2,578m
                                                          

    2006. 8. 5 天候晴れ 5人パーティー  地

     山頂駅登山口⇒白根山頂上  2時間40分
     白根山頂上⇒山頂駅登山口  2時30間

 ゴンドラ乗場。 登山カードは、事前に用意すると便利。
 ゴンドラにより、日光白根山も気軽に楽しめる山です。 沢山のハイカーに楽しまれています。  冬には、スキー場。僕も、以前はスキーとして訪山しましたが、ハイカーとして訪れるとは、夢にも思いませんでした。  山頂駅から見上げる白根山。 日本百名山です。  高山植物「シラネアオイ」は、鹿たちの美味しい食料です。 群生地には、柵で囲まれています。ゲートはキチンと閉めましょう。
 六地蔵の分岐点。  最初は、緩やかな登山道。ヒールの女性や生まれたばかりの赤ちゃんを連れた観光客もいました。  道端で、ハイカーの安全を見守る地蔵。  名も知れぬ花も美しい。僕が知らないだけです。 ゴゼンタチバナ・・・参考本より  木々に囲まれているため、風が通らない。暑い。歩き始めてから、30分程度に休憩を1本入れましょう。
 2500メートルを超える白根山。植物が育つには厳しい条件です。 そろそろ、森林限界です。厳しい冬と戦っています。  木々は無くなり、下草だけとにります。  森林限界を超えると、展望は素晴らしい。  山頂駅から、3.4キロ歩きました〜。  山頂の祠。屋根がトタン製でした。 お賽銭ではなく、お賽石が沢山ありました。
 日本百名山なので、ハイカーもご覧のとおり。昼食をとるべく、良いポイトを選びます。  今日のメニューは、みそラーメンにしました。  つまみは、漬物とチーズなど。  中禅寺湖を、背中にしながらの昼食。彼らは、ウイスキーも持参していました。  この時期にトンボ。トンボも一休み、それとも僕の手についている塩ですかね〜。
 もう少しで頂上に・・・

 2,578メートル白根山の山頂です。  山頂付近もハイカーで込み合っていました。  男体山方面を望みます。  この写真を撮る時には、ちょっとびびったね。僕は背筋を伸ばしていますが、外の人は腰が引けていました。
 山頂で写真。 他人ばかりでなく、自分を撮ってもらいました。
 下山は、弥陀ケ池コースにしました。 こちらは、結構急斜面でした。  弥陀ケ池の分岐点。池の水辺で休憩していたら、鹿がすぐ近くまでやってきました。写真を撮ったのですが、良く写っていませんでした。  山頂駅まで下ったところで、今登ってきた白根山を写しました。  片品村の「ざる豆腐」店に寄ってきました。美味しいかったでしよ〜。 ブルベリージャムを入れてヨーグルト風に食べました。


前回の山行  次回の山行 ハイキング記録