群馬県桐生市・鳴神山(なるかみやま) 980m
                                                          

    2006.9.10 天候晴れ 単独山行 

      駒形登山口⇒鳴神山 1時間20分
      鳴神山⇒駒形登山口 55分

 駒形登山口の道路脇に、3台ほど停められます。 又、登り始めて5分ほどに、駐車スペースがあり、9〜10台停められます。  コンクリートの橋を渡って登りはじめます。  道標が、分りやすかった。  山道沿いには、川が流れています。 これから先、この川の中を登るとは思いませんでした。  朽木の下を流れる渓流。暑い夏には、涼感が漂います。
 岩に書かれた矢印。川の中を登るための目印です。
 涼しいそうな写真と思わないでください。 ここを登っていくのです。
 渓流の後は、杉林の山道です。  「肩の広場」の分岐点。  番犬の狛犬。
 頂上まで5分。
 山頂を目指す手前にある鳥居。  山頂にある三連の祠です。  展望は開けて、360度見渡せます。吾妻山など縦走するハイカーも多く立ち寄ります。   怪しいパーティーでした。オヤジに3人の女性。オヤジは日本人 女性は中国人・・・仕事は聞けませんでした。  その昔、雷神上人が住んでいたのが、山の名の由来と聞きます。
 失礼でしょう〜、祠や道標に汗一杯のシャツを乾かして。
 下山途中の渓流。でも、この中を歩きます。 涼感たっぷりでしょ。  整備されている山道。道に迷うことはありません。  ここも駐車スペース。
 枠が余ったので、自宅玄関の花を撮りました。
 


前回の山行  次回の山行 ハイキング記録