群馬県上野村・天狗岩 1,213m・シラケ山 1,274m

マピオンの地図
                                                          
  2007.2.3  天候晴れ 単独行 
 
  登山口⇒避難小屋⇒天狗の岩洞⇒展望台           1時間
  展望台⇒シラケ山⇒天狗の岩洞分岐⇒避難小屋⇒登山口  1時間30分

 現在は、南牧村と上野村を結ぶ、新塩ノ沢トンネルが開通したため、南牧村からの時間が20分短縮されました。
 登山口は、旧道にあります。
 駐車場には、11〜15台ほど停めることができます。
 又、駐車場内には、トイレが設置してあるのが嬉しい。
 登山口には、下山したハイカーが置いていった杖が沢山ありました。
 出来れば、持参して持ち帰るのが原則。
 入ってすぐのところに橋があります。
 一端、橋を渡るが、川の右側を登って行きます。
 歩きやすい杉林が続きます。
 左側は、川が流れています。
 これから、300メートルごとに標識がありました。

 夜の冷え込みで、表面は凍っています。
 氷の下を、水が流れています。
 日当たりの良い、山道を登って行きます。  おっ、300メートル登ったのか?  避難小屋がある分岐点、右に行くと二輪草の群生地。この時期、割いていないから左の登山道にいきました。
 おっ、また300メートル登ったのか?

 日影なので、数日前の積雪が残っていました。
 慎重に、一歩一歩確かめながら登って行きます。
 ご覧のとおり、硬くしまった雪なので、滑らないように注意が必要。  又、300メートル登ったということですな。  「おこもり岩「の分岐点。ガイドブックには、「天狗の岩洞」とありました。
 片方は、岩壁になっています。
30メートルほどの距離です。

 岩洞の中には、祠がありました。祠の上には、何故か時計が置いてありました。
 きっと、忘れ物でしょう。
 最後の急登です。  山頂には、祠と道標があります。  木につるしてある天狗岩の看板です。
 これも、山頂にある1213メートル天狗岩の看板。
 山頂から、まもなく展望台があり、西上州の山々が見渡せます。
 安全のため鉄柵があります。
 隣のシラケ山。  浅間山が見えます。
今日、同僚が登っている山です。
 「お〜い、聞こえるか〜」
当然、届きません。
 地図とコンパスは必需品。
山座同定(さんざどうてい)を楽しむのに便利です。
 持っていて便利な道具として、レジャーシートとマットです。長い休憩時には、靴を脱いだ方が疲労回復。又、硬い岩に腰掛けるよりマットが良いでしょう。
 いずれも、100均でした。
 腰を下ろしてロングな休憩。組んだ足の先には、西上州の山々が見渡せます。  地図を見ると、天狗岩の隣にシラケ山があります。
標高は、シラケ山の方が高いとある。
 そりゃ〜あ、行って見ないと。
 20分ほどで到着しました。いや〜、来た甲斐がありました。
 見事な展望でした。天狗岩の展望台より絶景でした。
 烏帽子岳を望みます。
 シラケ山の山頂。切り立った岩、山頂スペースは少ないが十分満喫できます。
 時間の余裕があったら、ぜひ行ってください。
 今日も、誰にも会わないハイキングと思いました。
 下山途中で、一組のハイカーとすれ違いました。
いわき市から来たと言っていました。
 午後になっても、日影道路は雪
が残っています。
 家を出るとき、雪は無いけれど山は残雪があります。 スタッドレスタイヤを装着してください。
 国民宿舎やまびこ荘に寄って来ました。
 公営の温泉施設は、安くて、綺麗で、空いていて、いいね〜。
 残雪の露天風呂。外に、洞窟風呂が良かったです。


ハイキング後記

  ガイドブックにない展望ポイントを発見すると、自分だけの場所に思えて、な〜んか嬉しい。
  シラケ山は、天狗岩の展望台から見える山。下山するには、まだ時間に余裕があるので寄ってみました。
  山頂のスペースは少ないが、360度のパノラマ。静かな憩いの場所でした。天狗岩のハイキン グコースも、敵期には多くのハイカーが来ることでしょう。その時には、20分程度で来られるシラケ山をお奨めてします。

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録