群馬県下仁田町・物語山(ものがたりやま)1,019m
 マピオンの地図
                                                                    
    2007.2.12 天候晴れ 単独山行 

    サン・スポーツランド(45分)⇒登山口(45分)⇒物語山  1時間30分
    物語山(40分)⇒登山口(40分)⇒サン・スポーツランド  1時間20分

 国道254号から、サン・スポーツランドのところを入る。物語端を渡ると、林道とスポーツランドがあります。  サン・スポーツランドには、30台ほど駐車出来ます。ハンキングシーズンは、ここに停めたほうが良いでしょう。  「阿唱念の滝」の分岐。
滝までは、往復85分。
 RV車なら、登山口まで車で行くこともできるが、僕は路上駐車することにした。  林道にも標識があります。大きくて見やすいですね。
 最初の休憩を1本入れました。
林道は、川沿いにあるので、川音を聴きながら休憩しました。
水量は少ないけれど、滝音が渓谷に響き渡ってました。  歩き始めてから、25分が経過。  ここが登山口。林道から、川を渡って登りはじめます。  林道には、数台が停めることが出来ます。
 ただ、ここまで来るのはRV車ですね。
 登山口から川に降りたところにある標識。

 しばらくは杉林の連続。
北側の斜面は杉林。
 南側は、広葉樹になっていて、冬の登山では日差しがありがたい。  葉が落ち、荒船山の艫岩が見ることが出来ます。  急なガレ場を登りつめると、コルにでる。広いスペースになっている。 ここから、西峰は3分。
 西峰の山頂。方向から、妙義でしょう。

 浅間山は、今日も雪の帽子を被っています。  荒船山です。独特の姿をしていますね。  西峰から、物語山本峰を望みます。  物語山の山頂です。南側は雑木のため見晴らしは悪い。北側は、ご覧のとおり。
 標識の下に、石の標識がありました。
 山頂は広く平ら、ビニールシートを広げて昼食としよう。
 ボランテイアが設置したのでし
ょうか。
 低い位置に置かれているので、鳥は入居しないでしょうね。
 山頂の祠。  落ち葉の上にビニールシートを敷きました。クッションのように、尻に優しい。 長時間の休憩は、腰を降ろして。  本峰から下山する時、登山するハイカー。
 下山途中で、林道からメンベ岩を撮りました。

 この時13時頃だったでしょうか。随分遅い時間に登りますね。
 登山は、早めの行動が原則です。
 サン・スポーツランドの駐車場です。  林道には、杉を切りだした木屑が一杯ありましたので、いただいてきました。  花鉢を載せると良いでしょう〜。
 2個頂きました。


ハイキング後記

 先月、物語山で遭難したという新聞記事を見ました。捜索の甲斐も無く発見された時は、崖下のハイカーは既に息はなかったそうです。

 一体どの辺りで事故に合ったのか。西峰から、メンベ岩や浅間山方面の展望が素晴らしいので、つい、体を乗り出したのだろうか。

 低山であっても、数十メートル落下すれば命の保障はない。

 慎重の上にも慎重に。長く山を楽しみたいものだ。


前回の山行  次回の山行 ハイキング記録