群馬県六合村 野反湖〜大高山(おおたかやま)2,079m
                                                                  

マピオンの地図
2008.07.19 晴れ
駐車場⇒(1:20)⇒三壁山⇒(45)⇒カモシカ平⇒(1:10)⇒大高山頂 3時間15分
大高山頂⇒(45)⇒カモシカ平⇒(1:10)⇒三壁山⇒(1:00)⇒駐車場     2時間55分
実時間  7:00駐車場 〜 14:10駐車場      
               
 あれ〜っ、外気温が18度だ。
 エアコンは必要ないか、オフに
するか。
 野反湖ダムの手前にある駐車
場、40〜50台は停められるでし
ょう。路線バスも、ここまで来てい
ます。
 野反湖ダムを渡ります。ニジマ
スが釣れます。
 入漁料は売店で支払います。
 野反湖ロッジを過ぎたところに
登山口があります。
 笹は、根が靴に引っかかり、意
外と歩き難いですね。 
 一汗かいたところで後ろを振り
返ると、野反湖があんなに小さく
見えます。
 結構、高度を稼いだこと。
 最初は、笹の道でしたが、徐々
にぬかるんだ悪路になります。
 意外と手強かった。だって、埋
まってしまうんですよ。
 登山口から1時間20分ほど
で、三壁山に到着。
 今日は暑い。熱中症にならない
ように、随時水分補強しましょう。
 南面は笹に覆われています。
北面はシラカバなどの落葉樹。
秋も良いかも。
 気持ちの良い稜線歩きです。
 しか〜し、又悪路です。
 前日の雨が午前中は残ってい
ました。下山時には、だいぶ水分
がなくなっていました。
 高沢山への分岐を過ぎると突
然視界が開けて、眼下にはカモ
シカ平が見えます。
 写真が、小さくて申し訳ない。
 カモシカ平は、ノゾリキスゲが一
面に咲いています。
 ドンピシャの時期でしたね。
 なるほど・なるほど、紫外線対
策をしっかりしていますね。
 カモシカ平には、開けた休憩ス
ペースがあります。
 山ごはんを食べたら、さて、歩
き始めましょう。
 左に行くと大高山、右が三壁山
方面。
 何が、○なの?
 道が合っていたの?
 カモシカ平は笹に覆われていま
す。登山道は、大高山に続いて
います。
 この先は、更に悪路ざんす。
 ハーハーヒーヒー、まるでラマ
ーズ法ですわ。山頂と思いきや、
なかなか着きませんでした。
 山頂は、狭くて雑草に覆われて
いました。
 あれっ、山頂に石が無い。
 ご覧のとおり、スパッツは泥だ
らけ。
 靴は買ったばかり、まだ新しい
のに、もう〜。
 
 旬な山ごはん。
 キュウリとミョウガに、軽く塩を
かけてきました。
 塩分補給が出来て、まいう〜。
 狭い山頂に腰掛け、開けている
東南方面を望みます。
 白砂山や八間山が見えます。
 いつか登りたい山々です。
 
 無線機で何局かの局長さんと
交信できました。
 お腹が一杯になったところで、
さて下山しましょう。
稜線は、いつもながら気持ち良
い。
 持参した1.5リットルのスポー
ツドリンクも、登山口が近づく頃に
は、底をついてしまいました。
 丁度、良い具合でした。
 もう、野反湖があんなに近くに
見えて来た。
 ほらっ、ロッジもあんなに近く
に。
 
 駐車場付近は涼しいかった。
 あれ〜っ、外気温が30度。
 暑い訳だ、エアコンを強める
か。
 下山後の楽しみ、 「バーデ六
合」で日帰り温泉に入浴。
 400円/日。

 ノゾリキスゲの友達です。名前? う〜ん、後で調べますわ。

 
 ハイキング後記   
 
 キスゲの開花時期にドンピシャでした。
 
 梅雨が、ようやく明けました。今日は、野反湖ダムの手前の駐車場に車を停め、大高山に登ってきました。
 昨夜の雨のため、ぬかるんだ登山道に苦しみました。三壁山を過ぎると、突然視界が開けて眼下にカモシカ平が見え
ます。そこには、ノゾリキスゲが咲き乱れていました。

 本来は、山頂からの好展望を期待したのだが、南側しか見えないので少しガッカリ。又、樹林帯と悪路が続くので、キ
スゲが目的のハイカーはカモシカ平どまりが良いでしょう。

 日帰り温泉に入浴し、帰りに小野上村の「岩井洞の酒まんじゅう」を買って帰った。酒まんじゅうは、秘伝のどぶろくを、
小麦粉にて手ごねを繰り返したのち、餡 を包んで蒸してある。食べるときに、日本酒の香りがする。餡は、味噌餡とコシ
餡の二種類。

 自宅で食べようとすると、包みのビニールに「腹づつみ」とある。
 「それって、私への皮肉なの?」と、腹の脂肪を摘みながら、相変わらず鋭いツッコミ。
 「まっ、自覚しているだけ良いか。」

 
 

 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録