群馬県片品村・武尊山(ほたかさん)・2,158
  
                                                                       
2007.9.8 天候晴れ 単独山行
武尊牧場スキー場駐車場〜リフト⇒(25)⇒リフト頂上⇒(1:00)⇒避難小屋⇒(2:00)⇒武尊山山頂    3時間25分
武尊山山頂⇒(50)⇒避難小屋⇒(1:10)⇒リフト頂上 ⇒(25)⇒武尊牧場スキー場駐車場          2時間25分
実時間 8:00リフト乗車〜14:30駐車場に着   

 台風9号の影響ですかね。東俣駐車場へは、通行止めでした。やむ得ず、武尊牧場から登ることにしました。  駐車場で、若者が数人寝ていました。起きている人がいたので聞いたら、レーシングクラブの合宿。でも、ここで寝なくても・・・  駐車場から、屋根付きの階段を登る。さすが、スキー場の駐車場です。  7:50 リフトが動いていないの
で、登り始めるハイカー。
 急がば、リフトだぞ。
 僕は、もちろんリフトが動くまで待ちました。往復1000円。
 8時からなので、10分程待ちました。
 リフトは続くよ、どこまでも
 谷川岳以来ですな〜。
 いや〜、快適・快適ですわ。
 牧場ですから、羊がいても可笑しくないです。
 草が、ウメエ〜
 さて、バカ言ってないで歩き始めるだ。 先日の台風がウソのよう。しかし、この後、足元がグシャグシャでした。  なだらかな樹林帯を歩き始めて、1時間ほどで避難小屋に到着。  あ〜ん?
 合計で、6km歩くってことか?
 あ〜ん? 片道だ!
 長い・長い樹林帯を抜けると、森林限界になります。
 片品村が見えます。
 「あら、お父さん。あのゴルフ場でOBを出しましたね〜」
 「今、思い出さなくて良いんじゃないの」
 最初で最後の急登。クサリ場が続きますが、一歩一歩、ゆっくり登りましょう。  登りきったところは、笹と草原でした。  「笹清水」の水場。雨後だったので、水量が豊富でした。
 日本武尊像。「やまとたけるのみこと」像と読みましょう。
 知ってる?
 あっ、そう。
 「たけるさん」では、ありません。
 知ってる?
 あっ、そうですか〜。
 右から、前武尊、家ノ串山、中ノ岳です。  剣ケ峰山です。宝台樹方面に縦走できます。  山頂だす。以外と狭いね。
 バーナーで、それぞれに昼食を作っていました。
 「あら、お父さん。尾瀬が近いわ。尾瀬に行きたいね。」
 「今は、行きたくない。」

 雨後で、足元がぬかるんでいる時は、やっぱスパッツが便利。
 ズコズコ・バシャバシャ歩ける。
 洗濯は自分でしましょう。女房には頼めませんから。
 木苺が実をつける時季なんですね。山頂では、トンボが沢山飛んでいました。  オイラの時季でもあります。忘れないでよ。  帰りも、当然リフトだす。
 心地良い風にウトウトしていたら、「お客さ〜ん。到着しますよ〜」だって。
 起きてるって。


 
 ハイキング後記

 いつも、山に行く時は、前夜にカーナビを設定する。
 当日、はやる気持ちで設定すると間違ってしまう。また、イライラしちゃうしね。

 過日、松井田さんから四阿山に行ったと、メールがあった。だから、嬬恋村の四阿山(あずまやさん)に行くつもりだった。そこで、カーナビを四阿山に設定したら、すごく時間がかかる。
 「あれ〜、どうしたのかな。」
 上信越道の下仁田〜富岡が通行止めではないか。そういえば、ニュースで災害により通行止めって言って
いたな〜。

 仕方なく、家に入って、もう一度ガイドブックで検討した結果、武尊山に決定したのだ。しかし、歩く距離を少なくしようと東俣駐車場まで、車で行こうとしたら、こちらも通行止めだった。

 まっ、いいか。ハプニングも楽しまもう。

 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録