新潟県湯沢町 苗場山(なえばやま)2,145m
                                                                  

マピオンの地図
2008.08.17 霧・小雨・薄日・小雨・・・とほほ
駐車場⇒(55)⇒下之芝⇒(35)⇒中之芝⇒(10)⇒上之芝⇒(35)⇒雷清水⇒
(45)⇒苗場山頂
3時間00分
苗場山頂⇒(50)⇒雷清水⇒(1:50)⇒駐車場     2時間40分
実時間  6:30駐車場 〜 12:55駐車場      
               
 和田小屋の駐車場に停めまし
た。
 又、手前(徒歩25分)に町営駐
車場とトイレがあります。
 さあ、登山カードを提出して登り
ましょう。
 山頂まで4時間、下山は2時間
30分とあります。
 参考タイムになります。
 熊さんが、霧が深いのでエスコ
ートしていました。
 
 雨で滑る登山道でした。
 買い換えた登山靴はグリップが
良く、足場を確保することが出来
ました。
 本来なら、稜線からの眺めは良
いのでしょう。残念。

 登り始めて55分、下之芝に到
着。秋の草モミジには見事となる
でしょう。
 カッパは、ズボンを履き、上は
蒸して暑いので、傘をさしました。
 高山植物と草原が現れると、中
之芝。
 森林を、足元に注意しながら、
黙々と歩きました。
中之芝から10分ほどで、上之芝
に着きます。
 トラバース気味のところに、股を
すりすりしてしまう岩がありまし
た。
 岩には、「田中」と書かれた落
書きがありました。まったく〜。
 股すり岩を超えたところで、本
日始めて会ったハイカー。
 先日の白馬とは大違い。静か
なハイキングです。
 標高2,030mの神楽ケ峰で
す。ここから、下り、登り返しま
す。晴れてないのが幸い。
 先が見えるとキツイでしょう。
 一汗かいたところに「雷清水」
があります。
 脇には、「カミナリ清水の水をく
んでください。」と書かれたカゴが
あります。・・・遊仙閣
 さあ、最後の登りだ。高山植物
が咲いているのに、ゆっくり写真
を撮る余裕がありませんでした。
 蒸して・暑くて。
 苦労したからこそ、素晴らしい
高層湿原のご褒美が待っていま
した。
 2,000mの山頂付近に、沢山
の池塘があります。
 湿原に足を踏み入れないため、
木道が整備されています。
 ワタスゲが雨に濡れて、へたっ
ています。
 山頂にある小屋、「遊仙閣」で
す。お盆の時期は空いていて、
昨夜は5人の宿泊だったそうで
す。
 二重飛びをするスタッフ。エネ
ルギーを持て余しているのでしょ
う。
 「遊仙閣」の裏手にある山頂。
ちょっと拍子抜け。
 山頂の石は持ち帰りましたよ。
 下山時に、少しだけ霧が晴れ
かかったのだけど・・・
 和田小屋の仙人風呂(露天風
呂)です。
 下山後の楽しみ、町営 「街道
の湯」で日帰り温泉に入浴。
 500円/制限無し
 赤城高原SA付近で2件の交通
事故。渋滞に巻き込まれてしまっ
たよ。でも30分のロスで帰宅。

今回出合ったイモムシ君とキンコウカ、トリカブトなどの高山植物。

 
 ハイキング後記   
 
 昨夜のゲリラ豪雨は凄かったねえ。バケツをひっくり返したようだった。テレビの臨時ニュースで大雨洪水注意報が出
ていたくらいだから。でも、翌日だし新潟だからと、若干の期待を込めて、百名山である苗場山に登ることにした。

 自宅を出るときは降っていなかった。でも、駐車場に着いた頃には小雨が振り出した。そして、最後までシトシトと振り
続けた一日だった。ただ、気温が低かったので下山時は涼しいかった。

 又、たっぷりかいた汗も温泉で流せた。いつものように昼寝をしたら、2時間半も滞在してしまった。テレビの大音量か
らは、福原愛ちゃんの卓球が聞こえてきた。起きてみると、テレビの前に耳の遠い年寄りが、愛ちゃんを応援していた。
 
 



前回の山行  次回の山行 ハイキング記録