群馬県片品村 至仏山(しぶつさん 2,228m)
                                                                トップページ
 
山頂の位置 参考にしたガドブック等 日帰り温泉
マピオンの地図 山と高原地図 20 赤城・皇海・筑波  日本百名山 上 至仏山 寄居山温泉センター 500円
 
2013.07.28 (日) 晴れ時々雨 2人 
歩行時間 計 6時間15分  行動時間 6時間40分
駐車場⇒(25)⇒鳩待峠⇒(55)⇒山ノ鼻⇒(2:55)⇒至仏山⇒(2:25)⇒鳩待峠⇒(35)⇒駐車場 

往路 3時間50分   復路 2時間25分
  実時間  駐車場5:40 〜 駐車場13:20


         拡大写真

駐車場〜鳩待峠〜至仏山
今日の正午まで乗り入れ規制中なので、車は戸倉第一駐車場に停めてジャンボタクシー(バスと同額、片道900円)により鳩待峠へ行きます。早朝にも関わらず、鳩待峠は賑わっていました。さて、身支度して歩き始めます。
 
鳩待峠から、山ノ鼻を経由して至仏山を目指します。山ノ鼻へは樹林を下って行きます。石畳、階段、木道と森林美を楽しみながらゆっくりと歩いて行き、川上川を渡ると山ノ鼻に着きます。山ノ鼻の尾瀬植物研究見本園に寄り道してから、登山口へ向かいました。
 
至仏山へは、いきなり急斜面の登りで、石畳、階段、木道が連続します。30分ほどで樹林帯を抜けますが、急斜面は続きます。登山道は、滑り易い蛇紋岩なので、慎重に登ります。高天ヶ原では沢山のハイカーが休憩していました。辿って来た道を振り返ると、尾瀬ヶ原、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳が一望出来ました。道の脇には、沢山の高山植物が咲いて疲れを感じさせん。木道を緩やかに登り、左に回り込むと至仏山に到着です。
 
至仏山山頂からは、尾瀬ヶ原、燧ヶ岳、平ヶ岳、谷川連峰など360度の展望。の予定ですが、生憎ガスってしまいました。又、汗冷えを防ぐためフリースを着ました。
 
至仏山〜鳩待峠〜駐車場
頂上からは南へ、滑り易い蛇紋岩の間を縫うように緩やかに下ります。小至仏山の頂上からも好展望で、笠ヶ岳や上州武尊山などを見ることが出来ます。
 
左手に、尾瀬ヶ原や燧ヶ岳を見ながら樹林帯を下ります。やがて笠ヶ岳への分岐を過ぎると、至仏山唯一のオヤマ沢田代湿原へ着きます。最後の展望を楽しみ、鳩待峠へと戻りました。
 
拡大写真もご覧下さい。


 5:40 駐車場発 ジャンボタクシーで鳩待峠へ(片道900円)
 6:05 鳩待峠発
 山ノ鼻へと、石畳を下ります。  左手に至仏山
 
 
 木道は歩き易い。埼玉から来た山ガール。  橋を渡ると山ノ鼻は近い。  7:00 山ノ鼻
 小屋前のベンチには、早朝にも関わらず沢山のハイカーが休んでいました。
 左折して至仏山へ。
 
 キンコウカ  見本園より、至仏山。
 
 
 同、クルマユリ  同、オゼヌマアザミ  同、オゼソウ
 
 
 再度、登山口へ向かいます。  7:25 至仏山登山口
 いきなり急斜面の連続。
 8:02 森林限界
 30分ほどで森林限界
 
 振り返って、燧ヶ岳  見上げれば、クラブツーリズムの一行。  ホソバナウスユキソウ。
 
 
 高天ヶ原を過ぎ振り返って、尾瀬ヶ原。  見上げると山頂は近い。  タテヤマリンドウ
 
 
 タカネナデシコ  タカネシオガマ  イブキジャコウソウ
 
 
 ヒメシャジン  イワシモツケ  コバイケイソウ
 
 
 9:55-10:20 至仏山山頂  滑り易い蛇紋岩の道を下り、小至仏山へ  11:00 小至仏山 
 同、笠ヶ岳、上州武尊山
 
 11:30 笠ヶ岳への分岐  オヤマ沢田代湿原  12:45 鳩待峠
 13:20 駐車場 
 下山後は、寄居山温泉センターで汗を流して帰宅しました。
 
  
ハナニガナ ニッコウキスゲ ワタスゲ チングルマ ハクサンシャクナゲ
 

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録