群馬県吾妻郡六合村 白砂山(しらすなやま)2,140m
                                                                  

マピオンの地図
           
2009.09.27 天候 曇り 単独  駐車場は、野反湖ダム手前の売店駐車場と、その駐車場の手前に少しばかりのスペースがある。5分ほどの短縮出来る。
 八間山からも登れるが、時間がかかるので下山時に立ち寄ると良い。しかし、2時間のアルバイトとなる。健脚向きコース。
 歩行時間 計 5時間20分
 参考時間と実時間
駐車場⇒(30)⇒地蔵峠⇒(1:15)⇒堂岩山⇒(20)⇒小岳⇒(40)⇒白砂山⇒(55)⇒⇒堂岩山⇒(1:10)⇒地蔵峠⇒(30)⇒駐車場  行動時間 5時間55分
 実時間  駐車場7:10 〜 駐車場13:05

7:10 ダム手前の売店駐車場より高い位置にあるので、少し短縮出来ます。
 しかし、最近天気予報は良く当たるから、今日は、一日曇りかなあ。
 登り始めは、笹と紅葉の間を進みます。木々の向こうは霧で見えません。どうなることやら。
 また、堂岩山までは樹林に包まれているので、展望が効きません。木々や草花を楽しみましょう。
 ハンノキ沢には橋がかかっています。水量が少ない沢ですが、豪雨の時に増水して、橋が流されたこともあるそうです。
 登山道は次第に傾斜を増していきます。木々も次第に色づいてきます。葉肉が薄いモミジやカエデなどから彩られていきます。  あっという間に地蔵峠に着いたものだから、写真を撮り損ねました。ここは、水場を示す道標です。  エンコウカエデ(猿甲楓)は、見事に紅葉していました。手の平を、太陽に透かしたようです。
 登山道は、V字にえぐられています。雨の時は川のようになるんでしょうね。  高度を増すごとに、色も鮮やかになっていきます。ただ、日が差していないので、イマイチです。  登山道の北側には八十三山。奥には大倉山が見えます。いずれも登山道はありません。

8:55 2,051m堂岩山山頂です。 低木なので視界は良いはずなんですが、霧で全く見えません。小休憩して先に進みます。  手前は、2,042mの猟師ノ頭でしょう。その先は1,950mの小岳が、それぞれ色づいた衣装をまとっています。  楽しいアップダウンの繰り返し。シャクナゲや高山植物があることから、春も楽しい登山道になることでしょう。
 小岳の先に、ようやく白砂山が見えて来ました。
9:15 猟師ノ頭から足元を見ると、紅葉のブロッケン現象が出来ています。違うって、単なる影ですわ。  紅葉の向こうには、佐武流山に続く稜線が見えます。ただ、深い薮となるので残雪期でないと、行くのはハードでしょう。
 小ピークの向こうには、白砂山が登場です。
 足場が悪い登山道を、注意しながら進みます。
9:55−10:30 白砂山山頂は、10人も腰を降ろせば一杯になってしまいます。山頂は360度の好展望です。今日は、南を除いた270度の展望です。  東の展望。佐武流山に続く稜線です。
 北の展望。対峙する八十三山と大倉山です。  西の展望。先ほど登って来た稜線の先には、堂岩山と横手山が雲の中から顔を出しています。
11:25 下山途中の堂岩山の手前で、山頂にいたハイカーに追い越されました。
 高度が下がるのにつれ、またガスってきました。
 紅葉の林の中を降りて行きます。往路はガスが濃かったものだから、足元ばかり見て歩いていたので、綺麗な紅葉に気がつきませんでした。 12:35 1,802m地蔵峠 
 切明・和山、野反湖、白砂山の分岐です。
13:05 駐車場到着→バーデ六合(400円)で温泉入浴→吾妻渓谷には八ツ場ダムの建設中止現場。
 カメラを構えた観光客が沢山いました。



 
 ハイキング後記   
 
  先日、ツタヤでCDを借りてきた。5枚1,000円だったので、新旧いろいろと借りた。

  早速、コピーしたものを掛けながら登山口に向かったが、つい聴き入ってしまい道を間違えた。気がついたらホテ
 ル桜井や大滝乃湯が登場した。参った、30分はロスした。

  カーナビは、Uターンする道がないので草津温泉街を、針路変更の場所としたのだ。全く、便利なんだか、不便な
 んだかねえ。

  何の曲だって?
  それが、さだまさしの関白宣言を聴いていた。
  面白くてニヤニヤしていたのが不味かったなあ。

 
 
 

前回の山行  次回の山行 ハイキング記録