新潟県湯沢町 シシゴヤノ頭( 1,472m)
                                                                     
トップページ
                                            
2017.04.02 (日) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 6時間20分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(3:45)⇒シシゴヤノ頭山頂⇒(2:35)⇒駐車場

 往路 3時間45分
 復路 2時間35分
 行動時間  6時間20分
 実時間  駐車場7:00 〜 駐車場 13:20

         拡大写真

駐車場〜シシゴヤノ頭
車は、土樽駅(トイレ24H使用可能)への分岐を蓬沢沿いへ進むと、右手に20台程停められるスペースがあります。更に進み、浅間平橋の先は通行止め(土樽PA関係者用)なので、手前(MC 554 704 743 )に停めました。さて、身支度して歩き始めます。
 
蓬新道は、2m程の積雪なので、スノーシューを履きましたが、早朝なのでツボ足でも大丈夫。復路では、大活躍でした。右手に蓬沢を見ながら、杉林や雑木林を抜けて登山口となるコマノカミ沢に着きます。
 
コマノカミ沢の登山口には、道標の類は全く有りません。目印と言えば、標高870mと広く開けた沢の出合いです。緩やかな斜面の沢沿いは、いつも雪崩が発生するので、アイゼンに履き替え尾根に取り付きます。
 
尾根は、大量の積雪ため膝上まで50p程沈み込みます。ラッセルにより大汗をかきながら高度を稼ぎ、大小のブナ林を登り詰めて行きます。葉は落ち梢の間からは、右手に谷川連峰、左手にコマノカミノ頭、振り返ると仙ノ倉山が見えます。尾根は幾つかの小ピークを繰り返し、その度に好展望が楽しめます。少し緩やかな尾根が続き、直下の急斜面を登り詰めると稜線に出ます。
 
大きなセッピを、回り込んで稜線に立ちます。ここからの展望も素晴らしい。左へ下るとコマノカミノ頭、右へ進みシシゴヤノ頭を目指します。遮られるものがなく、見渡す限り素晴らしい展望の稜線歩きです。セッピに注意しながら進み、直下の急斜面を上るとシシゴヤノ頭に到着です。
 
シシゴヤノ頭山頂は、2mを超える積雪で覆われ標名が見えません。大展望を写真に収め、風を避けられる場所で、山ごはんです。大展望を見ながらの山ごはんは、美味しいですねえ。地図を広げ山座同定すると、大源太山、七ツ小屋山、武能岳、茂倉岳、万太郎山、仙ノ倉山、平標山、日白山、コマノカミノ頭などを確認することが出来ました。
 
シシゴヤノ頭〜駐車場
復路は往路を戻りました。気温が上がったため雪が腐り、どこを歩いても深く沈み込みます。そこで、レジャーシートを取り出し尻セードで下山しました。ただ、スピードの出し過ぎには、注意が必要ですね。
蓬新道に降り立ち、デポしたスノーシューに履き替えて、長い林道を歩き駐車場に戻りました。
 
 拡大写真もご覧下さい。


 7:00 駐車場発
 浅間橋の手前に、1台の駐車スペース。
 4月中旬過ぎには、2台程。
 スノーシューを履きましたが、ツボ足でも大丈夫です。  右後ろに、清水ー。
 デブリが、沢山有り。  8:20 P870のコマノカミ沢
 昨日のトレースは、沢を利用したようです。
 正面には、コマノサワノ頭
 8:20 尾根に取り付く
 アイゼンに履き替え、スノーシューはデポし、尾根に取り付きます。
 急斜面の尾根を登ります。  左手に、コマノカミ沢  左上には、コマノカミノ頭
 振り返って、仙ノ倉山(左)、平標山  尾根は顕著になり、左上の稜線を目指し詰めて行きます。  右手には、武能岳(左)、茂倉岳
 振り返って、平標山  稜線直下より、巨大雪庇を見上げる。  10:05 稜線の直下
 汗で流れた日焼け止めを、塗り直します。
 左手に、登れるところが有った。  10:10 尾根上より
 左手は、コマノカミノ頭
 同、苗場山
 右手は、シシゴヤノ頭へ続く稜線   稜線を進み、振り返ってコマノカミノ頭  シシゴヤノ頭山頂直下
 直下の急斜面を登り、振り返って辿って来た稜線とコマノカミノ頭  10:45-11:10 シシゴヤノ頭山頂より
 後景の鋭鋒は、大源太山(右)
 同、大源太山
 同、蓬峠へ続く稜線  同、武能岳(左)、茂倉岳  同、万太郎山(左)、仙ノ倉山、平標山
 同、山ごはん
 さて、下山します。
 後続の3人パーティー、コマノカミノ頭  振り返って、シシゴヤノ頭
 挨拶を交わし、振り返ってシシゴヤノ頭  稜線を降り、これからは尻セード。
 取り付きの蓬新道に降り立ち、スノーシューで駐車場へ戻ります。
 13:20 駐車場着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録