大分県竹田市 祖母山(そぼさん 1,756m)
                                                                     
トップページ
                                            
2016.09.25 (火) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 4時間50分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(2:30)⇒焼岳山頂⇒(2:20)⇒駐車場

 往路 2時間30分
 復路 2時間20分
 行動時間  4時間50分
 実時間  駐車場 6:30 〜 駐車場 11:20

         拡大写真

駐車場〜祖母山山頂
車は、車中泊した一合目ノ滝駐車場(MC 685 371 121)停めました。無料、水洗トイレ・靴を洗う水道有り、水場無し。20台程停められます。さて、身支度して歩き始めます。

祖母山へのメインコースは、東側の尾平登山口からが知られていますが、今日は短い距離を優先し北側の神原地区より登りました。このルートは、陽射しが少なく紅葉が映えないのが残念です。又、下山時に、粘土質の登山道のため、珍しく二度尻もちをついてしまいました。

駐車場の入り口から、右上へと舗装道路を進むと、間もなくして左手に祖母山への道標が有ります。道は、九州自然歩道と言われているように、良く整備され歩き易い。道標や樹木の名札が多く設置されています。又、ユネスコエコパーク登録を目指しているため、整備の強化がされているのでしょう。五合目小屋までは散策道、過ぎると本格的な登山道。木々が色づき始め、高度が上がっているのを感じます。

左手に、沢を見ながら高度を上げ、大岩が現れると沢音は聞こえなくなります。尾根を登り詰め、いのちの水を過ぎると国観峠に着きます。これまで、晴れていた空も、祖母山頂を見上げると雲がかかっています。山頂へ着くころには、雲が無くなることを期待し、再び急斜面を登ります。間もなくして祖母山山頂に到着。

山頂は、雲で覆われ見渡す展望は真っ白。かろうじて、紅葉に染まる黒金山尾根が見えます。バッグと腰を降ろして山ごはんにします。暫く待ちましたが、一向に天気は回復せず、強風を避けて休んでいても寒いので下山します。

祖母山山頂〜駐車場
復路は、往路を戻りました。下山後は、阿蘇山の登山口へ移動。途中、高森温泉館(300円)で温まり、道の駅「あそ望の郷くぎの」で車中泊しました。なお、立ち寄った「南阿蘇ビジターセンター」の職員さんに、沢山の情報を頂きとても参考になりました。

 拡大写真もご覧下さい。


 6:30 駐車場発
 駐車場の入り口を、右へ上がります。
 6:32 登山口
 左手に、登山口の道標
 左岸の沢や大小の滝を見ながら、緩やかに高度を上げていきます。
 良く整備されています。  木には名札、又、説明板も多く有ります。  7:05 五合目小屋
 小屋を過ぎると、木の階段  180段の階段  小さくなった沢を渡ると、
 尾根に取り付き、本格的な山道、  右手の尾根には、陽が差し始めた。  大岩を過ぎると、沢音が聞こえなくなった。
 滑り易い道も、落ち葉が助けてくれる。
 しかし、下山時には、とても滑る。
 急斜面には、お助けロープ  道標も沢山有ります。
 七合目を過ぎると、いのちの水
 しかし、涸れていました。
 8:24 国観峠
 逆光の山頂。う〜ん、ガスっている。
 山頂直下の岩道
 9:00 祖母山山頂は真っ白  同、小松尾根が見える程度  同、尾平登山口へと続く尾根
 寒いので、下山します。
 右手に、小松尾根  更に、高度を下げると晴れています。  五合目小屋の手前は、紅葉しています。
 11:20 駐車場着 下山後は、高森温泉館で温まり、道の駅へ移動しました。 


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録