新潟県湯沢町 平標山(たいらっぴょうやま 1,983m)
                                                                トップページ
 
山頂の位置 参考にしたガドブック等 日帰り等温泉
マピオンの地図 山と高原地図 16 谷川岳  新・分県登山ガイド 新潟県の山  宿場の湯  600円
 
2013.06.22 (土) 晴れ 単独 
歩行時間 計 5時間30分  行動時間 5時間30分
駐車場⇒(2:55)⇒平標山山頂⇒(2:35)⇒駐車場 

往路 2時間55分   復路 2時間35分
  実時間  駐車場6:00 〜 駐車場11:30


         拡大写真

駐車場〜平標山山頂
西吾妻山、鬼ヶ面山に続き、雨には3連敗です。駐車場(約150台、500円)で1時間ほど待ちましたが、雨は一向に止みません。帰ろうと国道に出たら陽が差してきたので、駐車場に戻り身支度をしていると、又シトシトと降り出しました。歩き始めからカッパを着るのは、久しぶりです。カメラは壊したくないので、途中から仕舞いました。だから、写真は少ないです。又、当然ながら展望は有りません。
 
駐車場の奥からトイレの脇を通り僅かな林を抜けると、平元新道と松手山を示す看板が現れます。左折して河内沢にかかる橋を渡ると、右手が登山口。道は木の階段で、良く整備されています。カッパを着ているので汗をかかないように、ゆっくりと花を愛でながら登りました。
 
道の脇には、ヤマツツジから始まり、アカモノ、ベニサラサドウダン、ウラジロホウラク、ゴゼンタチバナなどが咲いていて飽きることがありません。更に高度を上げると、本日のお目当てハクサンイチゲが群生していました。平標山山頂は、強風と視界が無いので誰もいませんでした。仙ノ倉山へは行かず下山します。
 
平標山山頂〜駐車場
復路は、木の階段を下り、平標山の家を経由して下山します。途中、展望台と思われるところで、ベンチに腰を降ろして一本とりました。辺りには、ハクサンコザクラとイワイチョウが咲いていました。
 
平標山の家を過ぎると、次々と登って来るハイカーに会いました。中には、百円均一のカッパ、半ズボンのハイカーもいました。山頂辺りへは、寒くて行けないでしょう。しかし、ここは暑くて蒸しています。顔の周りをブヨがブンブン飛び回っています。今日は、襟足をブヨに食われてしまいました。そして、今でも痛くて痒いです。
 
下山口からは長い林道ですが、バラス道なので足首が痛くなってしまいました。林道の類は嫌いです。駐車場には30台程停まっていました。入口には係がいないので、500円を箱の中に入れます。日帰り温泉で、汗を流して帰宅します。
 
拡大写真もご覧下さい。


 6:00 駐車場
 右の建物がトイレ
 
 松手山経由で行きます。  良く整備されています。
 木の階段の急斜面を登ると、
 緩やかな尾根になります。
 正面のピークを目指し、再び急斜面。 
 
 7:00 鉄塔に着きます。  鉄塔を過ぎると、露岩の多い急斜面になります。
 森林限界を過ぎたので展望は良いはずですが、ご覧のガスガスです。 
 
 ベニサラサドウダン  ウラジロヨウラク
 アカモノ
 
 
 7:35 松手山  アズマシャクナゲ
 イワカガミ
 
 
 道には、雨水が流れます。  ナナカマド
 アカモノとゴゼンタチバナ
 
 
 コバイケイソウ  マイヅルソウ
 ミヤマダイコンソウ?
 
 
 ヨツバシオガマ  ハクサンイチゲ
 オノエラン
 
 
 カタツムリ  8:55 平標山山頂
 誰もいません。
 強風で寒いです。
 ハクサンコザクラ
 
 
 イワイチョウ  山頂周辺は、雨と強風で寒い。
 春山用の手袋(ゴアテックス仕様)を着用。
 平標山の家
 ガスは無くなりましたが、雨は止みません。
 
 平元新道
 陽が差し込んできました。
 11:30 駐車場
 雨は、すっかり止みました。
 
 平元林道 → 平元新道

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録