群馬県みなかみ町 谷川岳(たにがわだけ 1,977m)
                                                                     
トップページ
                                            
2016.12.21 (水) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 3時間45分 休憩含む
 行動時間と実時間
 ロープウェイ駅⇒(2:05)⇒焼岳山頂⇒(1:40)⇒ロープウェイ駅

 往路 2時間05分
 復路 1時間40分
 行動時間  4時間45分
 実時間  駐車場8:30 〜 駐車場 13:15

         拡大写真

駐車場〜谷川岳山頂
車は、天神平ロープウェイ・谷川岳ペースプラザの有料駐車場(1,000円、平日無料)に停めました。エレベーターで、乗車券売り場の6階へ。JAFカード提示で往復1,960円(100円割引)。連絡通路を進みロープウェイで、天神平へ移動。さて、アイゼンを着けて歩き始めます。

登山者は天神平駅を降りて、右手のゲレンデの外を登ります。急斜面はゲレンデの上部で終わり、後は尾根沿いに天神尾根を進みます。2015年2月2016年1月に訪山の際には尾根上を辿りましたが、今日は積雪が少ないため尾根の横を登ります。小枝が背負っているピッケルに当たるので、中腰になるためとても登り難い。間もなくして、夏道と合流します。以降、ひたすら尾根を巻きながら高度を上げて行きます。又、登山道は、南に面しているので、とても暑いです。

熊穴沢避難小屋は、まだ雪に埋まっていませんでした。熱い紅茶で一本入れました。天狗の溜まり場を過ぎると、風当たりが良くなるのでジャケットを着て登ります。左手に肩ノ小屋を見送り、急斜面を登れば間もなくしてトマノ耳山頂です。山頂は遮る木々は無く、360度の大パノラマです。ここからの展望は、本当に素晴らしい。今回は、天候に恵まれました。
一度鞍部に下り再び登り上がると、オキノ耳山頂に着きます。同様に、素晴らしい展望です。

谷川岳山頂〜駐車場
復路は、往路を戻りました。なお、下図の点線部分は、夏道コースです。今の時期は、往路に夏道を使うと、更に登り易いでしょう。ただ、豪雪期になるとルートが分かり難くなりますので、注意してください。尾根上が安全です。

 拡大写真もご覧下さい。


 8:30 駐車場発
 9:00 ロープウェイ駅発
 右手に、白毛門  ゲレンデ上部より、振り返ってロープウェイ駅、高倉山、赤城山遠望。
 同、双耳峰の谷川岳  尾根上に雪が少なくて、尾根の右下を辿ります。  9:43 熊穴沢避難小屋
 左手に、、俎ー(まないたぐら)、万太郎山遠望  10:13 天狗の溜まり場  天狗の溜まり場から少し上がり、振り返り辿って来た尾根。
 10:44 肩ノ小屋  西黒尾根への道標  10:51 トマノ耳山頂
 先行者が1名いましたが、アイゼン無しでした。
 同、オキノ耳を望む  同、オジカ沢ノ頭  同、先行者がオキノ耳へ向かっている。
 振り返って、トマノ耳  振り返って、いつも山ごはんを食べる場所。  11:05 オキノ耳山頂 先行者2名。
 1名は、ノーアイゼンの者(西黒を下山予定)。もう1名は、西黒を登って来ました。
 同、オジカ沢ノ頭  同、至仏山、燧岳、越後駒ヶ岳(左)  同、赤城山
 さて、先行者に続いて下山します。  いつもの岩陰で、バッグと腰を降ろして山ごはん。  トマノ耳と飛行機雲
 肩ノ小屋直下より、次々と登って行きます。  同、スノボを背負っています。  12:45 夏道を使い、ロープウェイ駅着
 13:15 駐車場着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録