群馬県みなかみ町 谷川岳(たにがわだけ 1,977m)
                                                                     
トップページ
                                            
2017.12.04 (月) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 4時間35分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(2:35)⇒谷川岳(オキノ耳)⇒(2:00)⇒駐車場

 往路 2時間35分
 復路 2時間00分
 行動時間  4時間35分
 実時間  駐車場 8:30 〜 駐車場 13:05

         拡大写真

駐車場〜谷川岳山頂
降雪情報がありましたので、早速、訪山しました。車は、天神平ロープウェイ・谷川岳ペースプラザの駐車場(12月から平日は無料)に停めました。トイレ有り。ロープウェイは、JAFカード提出で往復100引き(1,960円)です。

冬季は天神平駅から、急斜面を登り天神尾根を登るのですが、今日は積雪量が少ないためトレースは夏道に出来ていました。トレースに従い天神尾根の下を、緩やかに高度を上げて行きます。いや〜、暑い。日陰を登っているのに、汗が流れます。ジャケットを脱ぎバッグに仕舞いました。やがて、熊穴沢避難小屋に着きます。小屋の周りの雪は、まだ1メートル程です。バッグから紅茶を出して、一本入れました。

これより、尾根歩きとなります。風が当たり気持ちが良い。また、眺望を楽しみながら高度を上げて行きます。岩場では、積雪が少ないため岩が露出していましたが、難なく登ることが出来ました。シンボルの塔辺りから、風で体温が奪われてきたのでジャケットを着ました。また、グローブを交換しました。小気味良いアイゼンの音を楽しみ、間もなくしてトマノ耳に着きます。

トマノ耳から一度鞍部に下り、再び登り詰めるとオキノ耳です。山頂からの展望は素晴らしく、群馬県境の山々や日本百名山の山々を見ることが出来ました。ぐるり一回り写真を撮り、風が当たらない、いつもの休憩場所へ下りました。大岩の陰で、バッグと腰を降ろして山ごはんです。熱い紅茶と焼きそばパンが美味しい。良い眺めです。

谷川岳山頂〜駐車場
復路は、往路を戻りました

 拡大写真もご覧下さい。


 8:30 駐車場発
 8:58 天神平駅発
 アイゼンを着けて、歩き始めます。
 トレースは、夏道に出来ています。
 先行者の後を追います。
 日蔭でも暑くて、ジャケットを脱ぎました。
 トレースは、踏み固められていました。
 9:44 熊穴沢避難小屋
 これから、屋根が見えなります。
 岩場では、雪が少なかったです。
 振り返って、辿って来た天神尾根。
 遠望は赤城山
 10:11 天狗ノ溜まり場  風が冷たくなり始めました。
 アイゼンは良く効きます。
 左手に、肩ノ小屋を見送ります。
 シンボルの塔
 風が当たり寒くなりましたので、塔の陰に隠れてジャケットを着ました。
 10:49 トマノ耳
 ここも素晴らしい展望です。
 オキノ耳を目指します。
 トマノ耳より、オキノ耳
 鞍部に下り、振り返ってトマノ耳  いつもの休憩場所の大岩
 後で、山ごはんを食べます。
 
 11:05 オキノ耳
 同、オジカ沢ノ頭、俎板ー(左)  同、小障子ノ頭、万太郎山  同、苗場山(右)
 同、至仏山、燧ケ岳、越後駒ヶ岳(左後景)  同、武尊山、日光白根山(左後景)  同、赤城山、三峰山(手前)
 同、トマノ耳
 さて、山ごはんの場所へ下ります。
 大岩に隠れ、バッグと腰を降ろして山ごはん
 いつもながら、良い眺めです。
 食後、下山します。
 トマノ耳直下には、エビの尻尾
 12:45 天神平駅着
 13:05 駐車場着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録