富山県立山町 立山(たてやま 3,015m)
                                                                                            
                                                           トップページ
山頂の位置       参考ホームページ 参考にしたガイドブック等       
マピオンの地図 しんぶるライフ@山歩き   2009.08.15  日本百名山    立山
BABAの4989山日記  2004.08.25 山と高原地図 36 剣・立山
   
2011.08.17 (水) 雨のち霧    単独 
 歩行時間 計 3時間51分 トロリーバス等を除く
 行動時間と実時間
駐車場・扇沢駅⇒(約1時間30分)⇒室堂ターミナル⇒(43)⇒一ノ越⇒(38)⇒雄山⇒(14)⇒大汝山⇒(1:18)⇒剣御前小舎屋⇒(36)⇒剣沢テント場⇒(22)⇒剣山荘

         剱岳へ
 行動時間 7時間40分
 実時間  駐車場5:30 〜 剣山荘13:10


     拡大写真

先ずもって言い訳しますが、久しぶりのガスガス山行でした。雨と霧でカメラを出すのを惜しんだため、写真が撮れず参考になるレポートが出来ませんでした。

立山は、雄山(おやま)・大汝山(おおなんじやま)・富士ノ折立(ふじのおりたて)の三つの峰を総称して言います。

長野県側からは、扇沢からトロリーバスやロープウエイを使って、室堂ターミナルに降り立ちます。荷物は、10キロ・1メートル・50リットルの何れかを超えると手荷物料金がかかります。水は持参しなかったので、歩き始める前にターミナル出口にある玉殿(たまどの)の湧水で補給します。これで10キロを超えです。

室堂からは、良く整備された石畳の登山道を、一ノ越に登り詰め雄山に向かいます。登山道脇には、ヨツバシオガマ、チングルマ、トリカブトなど沢山の高山植物が咲いていましたが、カメラが濡れるので最小限度の撮影に留めます。

一ノ越からは稜線となり、横からの雨と強風に姿勢を低くして進みます。雄山の最高地点は神社に管理され、500円の入場料が必要です。入場料を払うと御祓いをしてくれます。通常なら屋外でするそうですが、雨のため本堂内で行われました。最高点の雄山神社で、剣岳の無事登頂を祈願して、大汝山に向かいます。

大汝山は立山連峰の最高地点です。山頂は岩の塔で、小さな山名板が設置されていました。ガスガスで展望無し。勿論、富士ノ折立も同様でしたので、黙々と歩き剣御前小舎に着きました。

剣御前小舎からは、北に向かい、最短距離で剣山荘に下りていこうと思っていました。しかし、北東に進み、剣沢のテント場に着いてしまいました。道標が分かり難いのと、視界が悪い為です。コンパスを持参したのですが、見なければ役立たずでした。

テント場からは、岩に塗られた黄色のペンキに導かれながら下って行き、途中二ヶ所の雪渓を渡って、剣岳の懐に建つ剣山荘に着きました。剣山荘は、温水シャワーがあるので汗が流せます。又、綺麗な水洗トイレでした。映画「点の記」の撮影スタッフが常駐したそうです。

シャワーで汗を流して、ビールで喉を潤します。食堂のテレビでは天気予報が報じられています。明日は、どうやら雨みたいです。雨や強風なら登頂は断念します。

 拡大写真もご覧下さい。


5:30駐車場発 無料駐車場に停めて、正面の扇沢駅
に向かいます。
6:39きっぷ売り場 7時30発トロリーバスのキップは、
6時50分から販売されます。勿論、最前列にバッグ
を置いて待機(朝食)です。
7:48黒部ダム 観光放水をしていました。
8:04ケーブルカーでロープウエイに向かいます。

9:04室堂タールナル発 ロープウエイからトロリーバス
を乗り継いで、室堂ターミナルに降り立つと、な・な・なんとドシャ降りです。やれやれ。
9:24一ノ越に向かう石畳の登山道
9:47一ノ越 先行のハイカーは、雨と強風で、小屋内
で休んでいます。左折して、雄山に向かいます。

10:25-10:40雄山 雨のため、御祓いは本堂内でした。
お札と鈴を頂きました。
10:54大汝山 ガスガスです。もう〜。この辺りから雨と風が止みましたので、蒸し暑くなりました。
10:26 何にも見えません。黙々と下ります。

12:12剣御前小屋 下ってきて左折(写真では直進)
すれば予定のコース。しかし、右折したので剣沢に向
かってしまいました。
12:26 何だっけ?
12:27 ヨツバシオガマ

12:33別山への分岐 もう、行く気力がありません。 12:37 おっ、テント場だ。ということは、違う道を降りて来たのか。
12:40 チングルマ

12:46 ナナカマドの向こうは、山頂部分をガスで隠れ
た剣岳。
12:48剣沢テント場 手前は、剣沢小屋。左上の雪渓下は、剣山荘。
12:55 雪渓を渡ります。カットしてあるので問題なし。

12:55 剣山荘に近づいてきました。 13:10剣山荘着 本日のお宿です。
14:44 荷物を置いて、ビール片手にテラスから。

14:44 同テラスから 14:45 テラス

平日でこんな天候なので、両隣が空いていました。 洗面所
男女それぞれ三つ(カーテンで
仕切られています)あります。
 計六つあります。
自炊用の室内テーブル。フロントの前です。



「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録