茨城県つくば市 筑波山(つくばさん 877m)
                                                                トップページ
山頂の位置 参考にしたガイドブック等
マピオンの地図 日本百名山 上 筑波山      山と高原地図 20 赤城・皇海・筑波
   
2013.01.26 (土) 晴れ    単独 
歩行時間 計3時間55分 休憩含む  行動時間 3時間55分
駐車場⇒(15⇒登山口⇒(1:35)⇒女体山⇒(15)⇒御幸ヶ原・休憩⇒(30)⇒男体山⇒(10)⇒御幸ヶ原⇒(1:05)⇒筑波神社⇒(5)⇒駐車場 

往路 1時間50分(女体山まで)
復路 2時間05分
  実時間  駐車場7:25 〜 駐車場11:20


         拡大写真
日本百名山の筑波山は、多くのガイドブックやホームページで紹介されているので、簡単な山行記録といたします。
車は、登山口に近い民間駐車場に停めました。往路は白雲橋(しらくもばし)コースを登り、復路は御幸ヶ原(みゆきがはら)コースを下りました。
 
白雲橋コースは、境内から右へ進み民家の中の車道を辿ると登山口に至ります。鳥居をくぐり杉の樹林帯を進むと、迎場(むかえば)コースの分岐となります。本コースには、弁慶七戻り、高天原、母の胎内くぐり、陰陽石、国割り石、屏風岩などの見所が沢山有ります。残雪に足元を注意し、筑波山最高峰の女体山に着きました。
 
女体山山頂は、360度の展望です。霞ヶ浦、加波山、遠くは南アルプス、富士山が見えます。女体山からは、山頂連絡路を御幸ヶ原に下ります。
 
御幸ヶ原で一本入れてから男体山を往復し、復路は、御幸ヶ原コースを下山しました。登山道には、男女川(みなのがわ)源流のところまで残雪が有りました。日陰ではアイスバーンになっているので、軽アイゼンを着けるハイカーが少なく有りませんでした。
 
駐車場
筑波山神社の門前には、市営駐車場が第1〜第4まで、4つの駐車場があり約400台停められます。料金は、第1駐車場が無料(梅まつりは有料)、第2〜第4が有料で、普通車は1日500円です。
このほか筑波山神社門前に、民間駐車場が有ります。多くは、お土産屋さんが併設しています。料金は、ほぼ同じです。いずれも市営駐車場より神社に近いです。
 
また、筑波山神社の駐車場にも停められます。ご祈祷者は無料ですが、以外は有料(500円)です。駐車場が工事中で停められませんでしたので、奥の民間駐車場に停めました。神社に一番近いかも。
 
ケーブルカー・ロープウェイ
筑波山ケーブルカー・ロープウェイでは、安全利用のために、定期検査をいたします。検査中は運転を休止します。
ケーブルカー・・・平成25年1月21(月)〜1月31日(木)
ロープウェイ・・・平成25年2月 4(月)〜2月 8日(金)
 
運転休止なので、ハイカーが少ないと思って出かけました。往路は数人でしたが、復路では中学生の団体など、沢山のハイカーが登って行きました。運転休止は関係ないようでした。
 
拡大写真もご覧下さい。

 お土産屋さんの駐車場
 赤鳥居をくぐり直進すると、お土産屋が有ります。市営第3駐車場に停める場合は、赤鳥居をくぐりません。手前を左折します。
 右に青木屋を見たら、鋭角に左折します。
 筑波神社駐車場(工事中)を右に見ながら通過すると、突き当たりに民間駐車場「いでむら」が有ります。
 7:25 駐車場発
 第1と第2とで約30台停められます。
 備え付けの紙袋に車の番号を記入し、500円を入れてポストに投函します。
 駐車場から、筑波山神社はすぐ近くです。
 
 
 筑波山神社の左手に出ます。  境内の階段を下りて、門を撮りました。
 登山口へは、境内の右手から行けます。
 筑波山神社の右手の店
 
 
 7:40 登山口
 橋を渡り、民家の間の車道を登って、登山口に着きます。
 迎場コースとの分岐。
 左の白雲橋コースへ進みます。
 白蛇弁天
 
 
 残雪が沢山有ります。登りは大丈夫ですが、下山者は滑り止めに、軽アイゼンを着けているハイカーもいました。  弁慶茶屋跡(つつじヶ丘コースの分岐)
 東側の展望が開けて、霞ヶ浦が見えました。
 弁慶七戻り
 
 
 高天原(たかまがはら)  母の胎内くぐり
 陰陽石
 
 
 国割り石
 残雪の山頂連絡尾根と女体山。
 右手の樹間から、加波山。
 
 
 北斗岩  屏風岩から女体山
 大仏岩  9:15 女体山山頂
 女体山御本殿
 
 同、男体山を望む。
 同、富士山遠望。
 
 
 同、奥の尾根上にはロープウェイ駅が見えます。  同、加波山方面。
 同、山ガール。
 
 
 山頂連絡路で御幸ヶ原へ向かいます。
 途中には、何基もの電波塔が有りました。
 9:30 御幸ヶ原
 閑散としています。一本入れて、男体山へ向かいます。 
 振り返って、女体山。  10:00 男体山御本殿 
 寒いので、早々に下山します。
 
 10:10 御幸ヶ原に戻ります。
 持参した軽アイゼンは、車の中です。滑らないよう慎重に下山します。
 雪が沢山残っています。
 
 
 男女川(みなのがわ)源流
 ここまで残雪が有りました。
 ケーブルカーの軌道を整備しています。
 沢山のハイカーが軽装で登って行きます。
 革靴の者もいましたが、途中で引き返すでしょう。
 11:15 筑波山神社の裏に出ました。
 出世稲荷を右に見て下り、渡り廊下をくぐり境内に出ました。 
 11:20 駐車場着
 R125から筑波山

高天ヶ原 → 高天原

「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録