群馬県みどり市 後袈裟丸山アカヤシオとシャクナゲの南西尾根を辿る) 1,903m
                                                                                            
                                                           トップページ
参考ホームページ 参考にしたガイドブック等        日帰り温泉
気ままな男の山歩き   2011.05.16 山と高原地図  20 赤城・皇海・筑波 水沼駅温泉センター   600円
   
2012.05.26 (日) 晴れ    単独 
 歩行時間 計 45時間40分 休憩含む 
 行動時間と実時間
駐車場⇒(3)⇒登山口⇒(2:07)⇒前袈裟丸山⇒(35)⇒後袈裟丸山⇒(55)⇒石祠⇒(1:00)⇒郡界尾根登山口・駐車場

往路 2時間45分   復路 1時間55分

往路(前袈裟丸山まで)は、一般登山道ではありません。
 行動時間 4時間40分
 実時間  駐車場4:50 〜 駐車場9:30


         拡大写真

駐車場〜前袈裟丸山
郡界尾根登山口には、5台ほど停められる駐車場が有ります。混んで路肩にも停められない場合は、少し下ったところに20〜30台停められるスペース(本ルートの登山口)が有ります。身支度して歩き始めます。

駐車場から、舗装道路を少し下ると林道の入口が有ります。林道に入ると直ぐに、広い駐車スペースが有りますので、右奥から沢に降ります。水量は少ないので、適当な場所を見つけて渡渉します。左岸へ渡ると正面に小尾根が見えます。濡れ落葉に足元を取られながら、急斜面を上がります。

小尾根は、踏み跡が濃く、左の崖と張り出した根に注意しながら、支尾根を目指して高度を稼ぎます。早朝の新緑が綺麗です。新緑に映えるミツバツツジも、また綺麗です。間もなくして大きな岩が現れたので、右に巻いたらテープが有りました。その後、テープに導かれて支尾根に上がりました。

支尾根は、広く道型もはっきりしています。下部はミツバツツジやシロヤシオ。中部は開花時期が過ぎたアカヤシオ、上部はアカヤシオとシャクナゲが咲いていました。アカヤシオはピークを過ぎていましたが、ミツバツツジ、シロヤシオ、シャクナゲはこれからでしょう。前袈裟丸山の手前の急斜面は、腰までの笹薮でした。嫌って、コメツガの林を登りました。

前袈裟丸山〜後袈裟丸山
早朝なので、前袈裟丸山山頂には誰もいませんでした。山頂から、後袈裟丸山や男体山などを一望しながら、北側を一度下ります。八反張の鞍部には、クサリが設置されているので危険無く通過出来ました。再び登り上がると、後袈裟丸山です。笹に覆われた狭い山頂には、幾つかの山名板と地図が書かれた案内板があります。展望は、コメツガに囲まれて、南方面しかありません。腰を降ろして、前袈裟丸山を見ながら山ごはんです。

後袈裟丸山〜駐車場
復路は、一般登山道の郡界尾根を下りました。山頂直下から石宮辺りまでには、アカヤシオとシャクナゲが良い具合に咲いていました。今年は花付きが悪いですが、それなりに楽しめました。山に登れて花が愛でられれば、楽しい一日です。

八重樺原付近で、以前王城山〜高間山に登ったとき、王城山の登山口まで車に乗せて頂いたFさんにお会いしました。いや〜、びっくりしました。

 
拡大写真もご覧下さい。


4:50 駐車場
 5台ほど停められる郡界尾根登山口。
 少し下ったところに、林道入口があります。 4:53 登山口 
 大きな空地。沢山車が停められそう。
 右奥から沢に降ります。
 滑らないよう気をつけて渡渉します。  対岸の土手を登り、  正面の小尾根を目指して登ります。


5:05小尾根
 根が張り出している小尾根。足跡は濃いです。
 ミツバツツジが新緑に映えます。 5:22 大岩を右に巻く
 小尾根上に大きな岩が現れます。右に巻くとテープがありました。
 テープに従って上ります。 5:29 尾根に上がる。
 支尾根は、道型がはっきりしています。 
 左前方に、ミツバツツジとシロヤシオと袈裟丸山。


 ミツバツツジとシロヤシオ。  右手には、大岩からの尾根や弓の手コースが見えました。 5:50 ピークの手前
 西側がガレた尾根が現れ、見上げると立派なピークが見えます。しかし、上がってみると肩であり、尾根の延長でした。
6:11 コメツガの尾根
 この辺りからアカヤシオが賑やかに。これ以前にもありますが、既に開花時期が大きく過ぎています。
 花数が少ない。  この木には、沢山の花が付いています。
 シャクナゲも咲いています。  振り返って、尾根上のアカヤシオ。  山頂付近のアカヤシオ。


7:00 前袈裟丸山
 早朝なので、誰もいません。
 後袈裟丸山 7:20 八反張
 クサリが付いています。

7:35 後袈裟丸山
 狭い山頂は、熊笹が密生していました。

 山頂付近のシャクナゲ  山頂付近のアカヤシオ
8:30 石宮付近のシャクナゲとアカヤシオ


 同、シャクナゲ  オオカメノキは、清楚感があります。
 ミツバツツジの蕾。  シロヤシオが良い感じ。 8:57 八重樺原
 振り返って、袈裟丸山。

 日当たりの良い斜面には、沢山のワラビが生えていました。  ダケカンバ、カラマツ、ブナと落葉樹が多いので、紅葉時期が楽しみです。 9:30 駐車場・郡界尾根登山口
 20台ほど停まっていました。




「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録