群馬県安中市 谷急山(やきゅうさん 1,162m)
                                                                     
トップページ
                                            
2017.11.24 (金) 晴れ 単独 
 歩行時間 計 5時間30分 休憩含む
 行動時間と実時間
 駐車場⇒(2:45)⇒谷急山⇒(2:45)⇒駐車場

 往路 2時間45分
 復路 2時間45分
 行動時間  5時間30分
 実時間  駐車場 7:35 〜 駐車場 13:05

         拡大写真

駐車場〜谷急山山頂
紅葉谷に紅葉が残っていることを、期待して出かけてきました。車は、旧国民宿舎跡の駐車場に停めました。水洗トイレ有り、水場無し。さて、身支度して歩き始めます。

予定では、往路に紅葉谷コース、復路に女道コースを利用しようと思っていました。しかし、地図が古くて(2006年版)林道からの登山口が、見つかりませんでしたので、逆廻りのコースになりました。

駐車場に有る三方境への道標を見送り(現在の登山口)、林道を西へ進みます。星穴沢橋、深沢橋、中木沢橋を過ぎると右手に道標が有ります。登山道は、落ち葉に覆われていますが明瞭で、テープ、ペンキ、道標が有り迷うことは少ないでしょう。渡渉しながら谷急沢沿いに進むと、沢が分かれるので右手の大遠見沢へ入ります。次第に沢から離れ、谷筋の道を高度を上げて行きます。この辺りには、僅かに紅葉が残っていました。
やがて尾根に上がると、道標の有る大遠見峠・三方境との分岐です。三方境は、復路に利用します。左折して、先ずは谷急山を目指します。

これより、道は急斜面となり鎖やトラロープが設置されていますが、腕力に自信の無い者や高度感が苦手な者は、補助ロープ等を使い慎重に登る必要があります。特に、P3直下の鎖場は、鋭く切れ落ちています。

谷急山山頂からは、浅間山への展望が素晴らしい。ぐるりと見渡せば、浅間隠山、榛名山、赤城山、表妙義の山々、八ヶ岳などが見えます。良い天気です。バッグと腰を降ろして山ごはん。山頂でお会いしたすなさんも、西上州の藪山に虜のようです。

谷急山山頂〜駐車場
復路は、すなさんとご一緒に、三方境を経て紅葉谷を通って下山しました。

 拡大写真もご覧下さい。


 7:35 旧国民宿舎発
 30台程、トイレ有り、水場無し。
 林道より、右手に風穴尾根  星穴沢橋、深沢橋、中木沢橋を渡る
 8:18 登山口
 右手に、道標
 登り始めは、杉の人工林
 道は、落ち葉で覆われています。
 所々に、道標
 小尾根に上がる。  下って、渡渉を繰り返し、沢沿いを登る。  沢より、沢筋に登ると紅葉が残っていました。
 左手に、P3でしょう。  9:13 三方境より合わさる。
 左折して、谷急山を目指します。
 尾根上は、木々の間から陽射しが差し込む。
 高度を上げ、振り返って風穴尾根の頭  同、振り返って白雲山、金洞山(右)  幹手は、すっぱり切れ落ちています。
 P2直下の鎖場
 慎重に登ります。
 ピークより、谷急山  山頂直下
 10:20 谷急山山頂より
 神奈川県のすなさん
 同、軽井沢インター、高岩、愛宕山  同、浅間山
 同、鼻曲山、浅間隠山(右)  同、丁須の頭、榛名山(後景)、赤城山(遠望)  同、白雲山、金洞山(右)
 さて、下山します。
 11:51 女道との分岐
 復路は、三方境へ向かいます。
 同、振り返って雪雲に覆われる谷急山  11:57 三方境
 右折して、杉林へ入ります。
 追うようにして、雪が降り始めました。
 紅葉谷より、紅葉と雪  高度を下げ、陽射しが差し込み、  眩しい紅葉。
 また、見上げると青空が見えます。  舗装道路より、振り返って風穴尾根  同、正面に白雲山
 13:05 駐車場着


「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の2万5千分の1地形図を複製したものです。
(承認番号 平成21業複、第600号)」  GPSの軌跡を地図に落しました。 
・ 
前回の山行  次回の山行 ハイキング記録